くらし情報『少女漫画原作映画ってどうなの? 原宿JC・JKに聞いた』

2016年4月8日 10:00

少女漫画原作映画ってどうなの? 原宿JC・JKに聞いた

恋を夢見る高校1年生の都築りか(芳根京子)が好きになった先輩(志尊淳)は、他の女の人に恋をしていた。主人公の片思いの姿を描く。南波あつこ原作、掲載誌は講談社『別冊フレンド』。

●やっぱり『黒崎くん』
どんどん聞いていきましょう。中学生のさうらさん、まなかさんは?

さうら「菅田将暉さん。いろんなドラマとか映画とか見ると、役を全部違う人が演じてるみたいな演技で。『ランナウェイ』で見ていて、それから好きになりました」

『ランナウェイ』って5年前だから、そのときのさうらさんはいくつだ!?

ドラマ『ランナウェイ~愛する君のために』(2011年、TBS)
無実の罪で刑務所に入れられていた若者4人(市原隼人、塚本高史、上田竜也、菅田将暉)が脱獄をして東京を目指すドラマ。

さうら「最近だと、『星ガ丘ワンダーランド』を見に行きました」

映画『星ガ丘ワンダーランド』(2016年)
「星ガ丘駅」の駅員として働く主人公の温人(中村倫也)のもとに、20年前に姿を消した母の訃報が届き、離れ離れになっていた兄(新井浩文)、そして義理の姉(佐々木希)と弟(菅田将暉)と再会。閉ざされた過去が明らかになっていく物語。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.