くらし情報『坂上忍、吉田沙保里の敗戦に「これがオリンピック」「感動ありがとう」』

2016年8月19日 13:06

坂上忍、吉田沙保里の敗戦に「これがオリンピック」「感動ありがとう」

坂上忍、吉田沙保里の敗戦に「これがオリンピック」「感動ありがとう」

俳優の坂上忍が19日、フジテレビ系情報番組『バイキング』(毎週月~金11:55~12:55)に生出演。リオデジャネイロ五輪レスリング女子53キロ級の決勝で敗れ、銀メダルとなった吉田沙保里選手についてコメントした。

吉田選手の試合をずっと見ていたという坂上は、「準決勝までは盤石の戦いで、決勝は敗れてしまった」と振り返った上で、「勝負事って絶対はない。これがオリンピックなんだなと思った」と語った。

そして、「何より僕ら共演とかしていて、あんな素直でいい子いない」と吉田選手の人柄についてコメント。「でも、インタビューとか聞いていると、僕らじゃ想像できないものを背負ってやっている」と話し、「だから、『感動ありがとう』しか言いようがない」と述べた。

俳優の梅沢富美男は「残念だね。銀メダル取って『ごめんなさい』って言わなきゃならないんだよ」とやるせない表情。「彼女が主将になって旗持ちをして、嫌だなと思ったんだよ。旗持ちはダメだ」と主将や旗手は活躍できないというジンクスに触れると、雨上がり決死隊宮迫博之が「キャプテンという重責が乗っかっちゃうんですかね」と続けた。

4連覇を目指していた吉田選手は、日本時間19日に行われた決勝でヘレン・マルーリス選手(米国)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.