くらし情報『林遣都、新宿二丁目で「バカみたいにモテる」 - ラブ描写も想像以上に』

2016年9月1日 20:13

林遣都、新宿二丁目で「バカみたいにモテる」 - ラブ描写も想像以上に

林遣都、新宿二丁目で「バカみたいにモテる」 - ラブ描写も想像以上に

俳優・林遣都と川口春奈が1日、都内で行われた映画『にがくてあまい』(9月10日公開)完成披露試写会舞台挨拶に、共演の淵上泰史、SU、中野英雄、石野真子、草野翔吾監督とともに出席した。

同作は小林ユミヲによる同名漫画を原作に、川口演じる野菜嫌いのキャリアウーマン・江田マキと、林演じるゲイでベジタリアンの高校教師・片山渚の同居生活を描く。

ゲイという役を「上っ面にしてほしくない」と監督から指示された林は、SUとともに、新宿二丁目のゲイバーに行ったことを明かす。SUは、バーでの林について「バカみたいにもてるから!」と暴露し、「バカだよね。かっこよすぎるよね」と怒りながら褒めていた。

林と初共演となった川口は、林につい「結構ちゃんと感情があって、情に厚い」と表現。川口は「私の話とかも親身になって聞いてくれたし、ドライな印象を持ってたけど、そうじゃなかった。優しいお兄ちゃんでした」と笑顔で話した。林も、川口の印象を「すごいかわいらしい感じなんですけど、持ってたイメージと違って落ち着いてて大人っぽくて、無言でもいられる居心地の良さがあって」と語り、「距離を縮めて、2人の役に生かしました」と、役作りを振り返った。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.