くらし情報『トニセンと仕事をすると幸せになれる!? 演出家・劇作家のG2が、40代の3人が挑む新作舞台のポイントを語る』

2017年1月14日 11:45

トニセンと仕事をすると幸せになれる!? 演出家・劇作家のG2が、40代の3人が挑む新作舞台のポイントを語る

トニセンと仕事をすると幸せになれる!? 演出家・劇作家のG2が、40代の3人が挑む新作舞台のポイントを語る

●"エセ"ではない優しさをもった3人
デビュー20年を経て、CD売上増、紅白歌合戦出場など新たな姿を見せているアイドルグループ・V6。年下の3人はComing Century、年上の3人は20th Centuryというユニットを組み、それぞれの活動も行われている。

坂本昌行長野博井ノ原快彦の3人からなる20th Century、通称トニセンは、CDやコンサート、舞台などで3人の活躍を見せており、これまでユニットとしての作品も多数存在する。全員が40代となっているが、2017年1月からは、完全オリジナルで新作の舞台 TWENTIETH TRIANGLE TOUR『戸惑いの惑星』を発信することとなった。発表されるやいなや多くの読者から反響を呼び、また「ぜひ取材してほしい」というリクエストもあったこの作品。今回は作・演出を務め、舞台の鍵を握る演出家/劇作家のG2に話を聞いた。

○3人がそろうなら、自分が演出したい

――今回の作品について、けっこう前からあたためていたというようなお話を伺いました。

ちょうど2年前に、3人が中心となった『ON THE TOWN』というブロードウェイのミュージカルがあって、翻訳・訳詞だけで関わっていたんです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.