くらし情報『ケイシー・アフレック、アカデミー賞受賞スピーチを後悔 - その理由は?』

2017年3月5日 17:22

ケイシー・アフレック、アカデミー賞受賞スピーチを後悔 - その理由は?

ケイシー・アフレック、アカデミー賞受賞スピーチを後悔 - その理由は?

2月26日に行われたアカデミー賞授賞式で『マンチェスター・バイ・ザ・シー』の演技により主演男優賞に輝いた俳優のケイシー・アフレックは、受賞スピーチで自身の子供の名前を挙げることを忘れたことをとても悔やんでいるようだ。

ケイシーは、両親と兄ベン・アフレック、プロデューサーの1人であるマット・デイモン、脚本と監督を務めたケネス・ロナーガン、友人や同じ部門でノミネートされていたデンゼル・ワシントンらに感謝の言葉を述べていたものの、別居中の妻サマー・フェニックスとの子供2人のことを忘れてしまったのだという。

「バックステージに戻って3秒後くらいにうちの息子から『僕たちの名前を口にさえしなかったね』って言われて、意気消沈したよ」「受賞したショックで僕の頭は真っ白になっていたんだ」

アカデミー賞という業界最高峰の栄冠に輝いたケイシーは、自身のキャリアについて「僕はこの業界に17歳の時からいるから、成功と失敗を味わって、辛い時期を味わった後にまた成功したりする俳優たちをたくさん知っているからね」「人のキャリアやそれに向けての取り組みを見てくることができたから、それが僕にとって勉強となってきたんだ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.