くらし情報『小池徹平、演劇賞受賞に「活動で恩返し」 - ウエンツとはいい関係』

2017年4月28日 19:04

小池徹平、演劇賞受賞に「活動で恩返し」 - ウエンツとはいい関係

小池徹平、演劇賞受賞に「活動で恩返し」 - ウエンツとはいい関係

俳優の小池徹平が28日、東京・如水会館で行われた第四十二回菊田一夫演劇賞授賞式に登壇した。授賞式には他、麻実れい中川晃教新橋耐子藤田俊太郎、勝柴次朗が出席した。

同賞は、演劇界の巨星・菊田一夫氏の名を冠し、大衆演劇の舞台ですぐれた業績を示した芸術家(作家、演出家、俳優、舞台美術家、照明、効果、音楽、振付、その他のスタッフ)を表彰する賞。小池は、ミュージカル『1789 -バスティーユの恋人たち-』『キンキーブーツ』2作での演技が評価され、菊田一夫演劇賞を受賞した。

「演劇の賞に無縁な役者だった」と自らを振り返った小池。役者業と歌手業を行っていく中で「難しいなと思うこともたくさんあって、けっこう遠回りしたり、どこに進めばいいのか悩むこともたくさんあった」というが、「自分が歩んでた道が間違ってたわけじゃなかった」と、賞に背中を押された気持ちを語った。

2016年に解散した音楽ユニット・WaTの元相棒・ウエンツ瑛士には「何も言ってないんだよなあ。知ってるんですかね?」と笑顔に。ウエンツが出演中のミュージカル『紳士のための愛と殺人の手引き』を観に行ったというが、「その時は一言も言ってなかったので、多分知らなかったんじゃないかな」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.