くらし情報『高杉真宙、最悪最低のクズ彼氏役に! 松居大悟監督作品で新境地』

2018年4月2日 18:00

高杉真宙、最悪最低のクズ彼氏役に! 松居大悟監督作品で新境地

高杉真宙、最悪最低のクズ彼氏役に! 松居大悟監督作品で新境地

俳優の高杉真宙が、映画『君が君で君だ』(7月7日公開)に出演することが2日、わかった。

同作は好きな女の子の好きな人になりきって、自分を捨て去り、 10年間彼女を見守ってきた3人の男たちの愛の結末を描いた恋愛譚。池松壮亮が「尾崎豊」になりきる男、満島真之介が「ブラッド・ピット」になりきる男、大倉孝二が「坂本龍馬」になりきる男を演じ、韓国 人女優キム・コッピがヒロインを務める。

松居大悟監督が⻑年温め続けてきた完全オリジナルラブストーリーで、高杉が演じるのはヒロイン・ ソンのダメ彼氏・宗太。ソンの献身的な愛情を受けるも、借金を肩代わりさせるなどひどい仕打ちで、借金取りコンビ(YOU向井理)には媚びへつらいながら、ソンには冷たく接する。

爽やかな二枚目の高杉だが、本作ではクズな彼氏を熱演。高杉史上、最悪最低の男に成り下がり、池松、満島、 大倉たちとの衝撃のコラボレーションを見せる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.