くらし情報『横浜流星、『honey』でかわいさの扉全開! 普段とのギャップも魅力に』

横浜流星、『honey』でかわいさの扉全開! 普段とのギャップも魅力に

2018年4月9日 17:00
 

横浜流星、『honey』でかわいさの扉全開! 普段とのギャップも魅力に

俳優の横浜流星が出演する映画『honey』(公開中)の場面写真が9日、公開された。

同作は目黒あむの同名コミックを実写化平野紫耀(King & Prince)演じる鬼S不良男子・鬼瀬大雅が、平祐奈演じるヘタレでビビリの女子高生・小暮奈緒に突然プロポーズしたことから、2人の関係が始まっていく。3月31日の公開以来、中高生の女子から話題が広がり、春休み映画の超大作がひしめく中、週末興行収入ランキング第9位に食い込み健闘を見せている。

横浜は主人公の鬼瀬のクラスメイト・三咲渉を演じた。『烈車戦隊トッキュウジャー』のトッキュウ4号役でブレイクし、『オオカミ少女と黒王子』、『キセキーあの日のソビトー』など話題作に出演、今年も『兄友』『虹色デイズ』と主演作が控える注目株だ。

『honey』で横浜が演じる三咲は、見かけはすごくかわいらしいのに、素直になれずいつも自分の想いとは違う行動をとってしまう、ちょっぴり毒っ気のある男子で、最初は誰にも馴染めずにいるも、真っ直ぐでピュアな鬼瀬や奈緒、仲間たちと出会い、少しずつ心を開き成長していく。“天邪鬼”男子としてまた異なる魅力を放っており、横浜自身もこれまで演じたことのない新鮮なキャラクターとなった。

「普段はかなり男らしい」と共演者たちにも言われる横浜だが、今回の役作りにおいては、神徳監督から言われた原作に忠実に「三咲はとにかくかわいく」という言葉を守り、髪の毛をくるくるにして前髪を下ろし、声は高めに、言動を子供っぽくと外見の変化を意識。鬼瀬役の平野とは初共演だったが、同い年ということもあり、最初からかなり打ち解けリラックスして撮影に臨んだ。

同作について「『honey』という作品は少女漫画原作なんですが、登場人物がまっすぐに恋をして、色んなことに悩んでもくじけずに向き合っていく姿が、男子から見ても女子から見ても、すごく素敵なんじゃないかなと思っています」とコメントを寄せる横浜。少しずつ移り変わっていく三咲の心情を丁寧に演じた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.