くらし情報『倉科カナ、5年ぶりの主演映画で演じた役は「ご縁みたいなものを感じた」』

2018年10月16日 15:00

倉科カナ、5年ぶりの主演映画で演じた役は「ご縁みたいなものを感じた」

倉科カナ、5年ぶりの主演映画で演じた役は「ご縁みたいなものを感じた」

10月26日公開の映画『あいあい傘』の試写会が15日、都内で行われ、倉科カナ、立川談春、宅間孝行監督が出席した。

本作は、宅間孝行が主宰する劇団「東京セレソンデラックス」の2007年に初演された舞台劇を映画化したもの。生き別れてしまった父と娘の切なくも心に沁みる5日間の物語を感動的に描く。

映画の主演を務めるのは5年ぶりとなる倉科カナ。本作では25年ぶりに父親と再会を果たすヒロインを熱演している。「役者としてイチから役を生むことも価値はありますが、私はさつきちゃんと近い境遇でした。自分の中にある痛みを力に変えて演じれる役だと思い、ご縁みたいなものを感じましたね。運命じゃないかなと。見終わって、私自身も救われました」と本作で演じたさつきとの共通点も多かったという。

倉科が演じるさつきの父親・六郎を演じたのが立川談春。2014年に放送されたTBS系『下町ロケット』の立川を見たプロデューサーが熱烈オファーしたという。これ対して1年以上出演を断り続けたという立川は「そのせいで公開が遅れました。本当なら2~3年前に世の中に出ていないといけないんですが、僕のせいでどうもすみませんでした」と謝罪の言葉を口にしながら、「この映画はワンテーマ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.