くらし情報『新田真剣佑、初対面の人にはハグ! 高杉真宙に提案&北村匠海との思い出語る』

2019年2月5日 20:37

新田真剣佑、初対面の人にはハグ! 高杉真宙に提案&北村匠海との思い出語る

新田真剣佑、初対面の人にはハグ! 高杉真宙に提案&北村匠海との思い出語る

俳優の新田真剣佑が5日、都内で行われた映画『十二人の死にたい子どもたち』(公開中)の大ヒット記念舞台挨拶に登場した。

同作は、冲方丁による密室ゲーム・サスペンスを実写化。廃病院を舞台に、「死に方、タイミングが12人全員一致すること」という集団安楽死をするために集結した12人の未成年たちの前に、ルール違反の13人目の死体が現れ、ミッション達成が崩壊し出す。剥き出しになる12人の死にたい理由と、犯人捜しの追及が同時進行していく。

公開翌日に行われた舞台挨拶に、インフルエンザで登壇できなかったリベンジとして、今回堤幸彦監督との舞台挨拶を予定していた新田だが、なんと入れ替わりで堤監督がインフルになってしまったため、1人で登場。堤監督は「リベンジ舞台挨拶にインフル返しで欠席してしまい、全く申し訳ない。ワクチンを打っていたので、熱もなく、楽にのんびりしており、今もテレビを見ながら、焼きそばを食べております」とコメントを寄せた。

さらに、堤監督が「ラストのラスト、ものすごい神演技で不覚にももらい泣きしてしまいました」「作品にとてつもない大きな力を与えてくれました。感謝です」と新田の演技を絶賛すると、「そんなに褒めないでくださいよ〜」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.