くらし情報『「NGT48山口真帆 暴行被害事件」調査報告書会見 3時間の全記録 第3回 山口真帆、告発ツイートで会見に参加 気づいた記者が運営に真偽問う』

2019年3月23日 17:07

「NGT48山口真帆 暴行被害事件」調査報告書会見 3時間の全記録 第3回 山口真帆、告発ツイートで会見に参加 気づいた記者が運営に真偽問う

「NGT48山口真帆  暴行被害事件」調査報告書会見 3時間の全記録 第3回 山口真帆、告発ツイートで会見に参加 気づいた記者が運営に真偽問う

新潟を拠点に活動するNGT48のメンバー・山口真帆への暴行事件に関する第三者委員会の調査結果を受け、同グループを運営するAKSが22日、新潟市内で会見を開いた。出席者は、AKS運営責任者兼取締役・松村匠氏、劇場支配人・早川麻衣子氏、副支配人・岡田剛氏の3名。本企画(「NGT48山口真帆 暴行被害事件」調査報告書会見 3時間の全記録)では、時系列に沿って発言をまとめていく。第3回は、開始40分頃から60分頃まで。山口のツイートに気づいた記者が「今ほど山口さんのツイートがありました」とその内容を読み上げ、現場が一時騒然となった。

○■記者との一問一答の続き

――報告書によると、ネット情報も調査の対象に。スタッフとファンのつながりはあったのか。

松村:調査報告書の内容に対して、われわれは言及できる立場にはないのでそれはご理解いただきたいと思います。ネット上での噂に関して、当然本人たちも噂が上がった時点でわれわれ含め、普段の日常生活の中で自分を律して誤解を受けるような行動を慎まなければいけないということしか申し上げられないかなと思います。

――運営スタッフや支配人が、ファンを優遇していた事実はなかったのか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.