くらし情報『「NGT48山口真帆 暴行被害事件」調査報告書会見 3時間の全記録 第5回 秋元康氏「責任者なんだから」「しっかりやれ」AKS松村匠氏証言』

2019年3月24日 10:00

「NGT48山口真帆 暴行被害事件」調査報告書会見 3時間の全記録 第5回 秋元康氏「責任者なんだから」「しっかりやれ」AKS松村匠氏証言

「NGT48山口真帆  暴行被害事件」調査報告書会見 3時間の全記録 第5回 秋元康氏「責任者なんだから」「しっかりやれ」AKS松村匠氏証言

新潟を拠点に活動するNGT48のメンバー・山口真帆への暴行事件に関する第三者委員会の調査結果を受け、同グループを運営するAKSが22日、新潟市内で会見を開いた。出席者は、AKS運営責任者兼取締役・松村匠氏、劇場支配人・早川麻衣子氏、副支配人・岡田剛氏の3名。本企画(「NGT48山口真帆 暴行被害事件」調査報告書会見 3時間の全記録)では、時系列に沿って発言をまとめていく。第5回は、開始90分頃から110分頃まで。

○■記者との一問一答の続き

――冒頭、秋元康氏について「憂慮されている」ということだったが、1月の会見でも「憂慮されている」だった。実際には何と言ったのか。

松村:それは言葉のあれで、「大変憂慮している」ということです。

――「大変憂慮している」という言葉を秋元氏が述べたということか。

松村:はい、それは日本語のあれなので。私の方で解釈して言っているということでよろしいでしょうか。憂慮しているな、ということだと思います。心配しているということだと思います。「しっかりやれ」という激励も受けております。

――解釈ではなく直接聞いているのであれば言葉があるはずだが。どのような言葉を話していたのか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.