くらし情報『「多頭飼い」や「勝手にペットOKにする家主」。ペットトラブルの実情とは』

2012年10月19日 21:35

「多頭飼い」や「勝手にペットOKにする家主」。ペットトラブルの実情とは

「多頭飼い」や「勝手にペットOKにする家主」。ペットトラブルの実情とは
近年、ペットも家族の一員と認識されるにつれて、ペット飼育可のマンションを見かける機会が増えてきました。

同時に耳にするのが、ペットに関するトラブルです。

国土交通省が5年に1度実施する「平成20年度マンション総合調査結果」(http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/torikumi/tenpu/so-03.pdf)では、平成19年から平成20年の1年間のトラブルの発生状況は、「居住者間の行為、マナーをめぐるもの」が63.4%と最も多く、そのうち「生活音」(37.1%)に次いで、「ペット飼育」が34.8%という結果が明らかになりました。

そこで、「快適で安全な一人暮らし」をテーマに活躍する不動産アドバイザー・穂積啓子氏に、「ペットのトラブル」に関する事例と対策法をうかがいました。

■「以前はペット禁止、今は可」の物件が急増中

「圧倒的に多いのは、ペット禁止のマンションなのに、動物の鳴き声がする、臭いがする……、という住人からの通報です。

この場合、1.ペット禁止、2.以前はペット禁止、という2つのケースがあります」と前置きする穂積さんは、次のように説明を続けます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.