くらし情報『【コブスくんのモテ男道!】コミュニケーション講師に聞く。間違いがちな敬語マナー』

2011年10月30日 17:00

【コブスくんのモテ男道!】コミュニケーション講師に聞く。間違いがちな敬語マナー

【コブスくんのモテ男道!】コミュニケーション講師に聞く。間違いがちな敬語マナー
取引先との商談などで、自分では丁寧に話していたつもりが、後で同席していた上司に「あの言葉遣いは大変失礼だから、以後気を付けるように」と、指摘された経験はありませんか。

「正しいと思い込んで使っている敬語が、実は間違っていることも多く見受けられます」というビジネスコミュニケーション講師の大嶋利佳さんに、間違いがちな敬語マナーについてうかがいました。

■二重敬語の間違い
「おっしゃられる」、「ご覧になられる」、「お越しになられる」

この3つは、よく聞く間違いですが、どこが正しくないか分かりますか?

「普通の動詞を敬語にする方法は、2種類あります。1つは語尾に『れる・られる』を付ける方法。もう1つは、別の言葉に言い換える方法です」と大嶋さん。

例えば、「言う」という言葉を敬語にする場合は、「言われる」か「おっしゃる」というのが正しい使い方です。ですから、「おっしゃる」という敬語に、さらに敬語表現の「られる」を付けて「おっしゃられる」というのは間違いです。

「ご覧になられる」は、「ご覧になる」、「お越しになられる」は「お越しになる」が正しい敬語です。

■謙譲語の誤用
「社長は事務所におられますか?」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.