くらし情報『【コブスくんのモテ男道!】メール作成の時短テクニックとは』

2012年5月17日 17:00

【コブスくんのモテ男道!】メール作成の時短テクニックとは

【コブスくんのモテ男道!】メール作成の時短テクニックとは
メールはビジネスシーンに欠かせないツールとなる一方で、作成そのものに労力がかかって本来の業務が後回しになることも……。

そこで、「メールの時短テクニック」について、ビジネスコミュニケーション講師の大嶋利佳先生にお話を伺いました。
■スクロールせずに読める長さに

――メールを早く作成するためのポイントとは、何でしょうか。

大嶋先生メールにかける時間を短縮し、効率よく仕事をすることは大切ですが、そのためにそっけなく冷たいものになっても困ります。

「失礼にならず、かつ事務的すぎずに書き手の人柄を感じさせるようなメールを早く書く」という視点で考えましょう。

次の9つのポイントがあります。

1.スクロールしないで読み切れる長さに
短く簡潔な文を書くようにします。長くても1行は25~30文字、行数は20~25行にまとめると読みやすくなります。

2.あいさつはシンプルに
冒頭が長いと読みづらい印象を与えます。「お世話になっております」など、シンプルでよいのです。2行目からはすぐに本題を書くようにしましょう。

気を使う相手には、「いつも大変お世話になっております」、「いつもお世話になり、ありがとうございます」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.