くらし情報『じわり話題の女優・文音とは?長渕剛、長女の知られざる魅力と今後【恋占ニュース】』

じわり話題の女優・文音とは?長渕剛、長女の知られざる魅力と今後【恋占ニュース】

2018年3月31日 11:45
 

関連リンク

・剛力彩芽と車中デート報道 ZOZO前澤社長「真剣ですよ!」
・安藤美姫、入院していた「1週間の寝たきり」
・キスマイ“疑惑の相手”を直撃

際立った演技で注目を集める役者さん。その中には二世俳優など、大物の遺伝子を持つ人物がいますよね。

実のところ、星の動きでは、今年中旬に天王星が牡羊座から牡牛座に一旦移行することで、個性が光る人に注目が集まります。

自分らしさやこだわりを持つことを望み、例えば持って生まれた能力、自分の遺伝子的価値に目覚めて、それに喜びと可能性を感じることも増えるでしょう(その流れは来年のほうが強まります)。

■大女優とのダブル主演作2本が公開

こういった流れの中、編集部との打ち合わせで注目したのが、今月の新月にお誕生日を迎えた女優の文音さんです。今回は彼女の魅力を占星術でひも解きます。誰の中にもある持って生まれた能力、何とか引き出したいものですね。

文音さんは、3月24日公開の映画『おみおくり』で高島礼子さんとダブル主演、そして4月14日公開の『ばぁちゃんロード』では草笛光子さんとダブル主演しています。

お父さまは歌手の長渕剛さん、お母さまは元アクション女優の志穂美悦子さんと、いわば芸能界のサラブレッド。でも、調べた限りでは、有名人の娘であることをひけらかすことなく、演劇留学するなど勉強熱心な方です。ご両親をリスペクトしつつも、自分らしく上書き中なのかしら。

女優デビューは2008年。『三本木農業高校、馬術部 ~盲目の馬と少女の実話~』という映画に主演し、吉高由里子さんや松田翔太さんと同時に、第32回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞しました。

その後、出演したドラマの影響で演劇留学をし、2014年5月に帰国して女優業を再開したのだとか。

■文音さんってどんな女優?

文音(1988年3月17日生まれ)
太陽:魚座/月:魚座/金星:牡牛座/火星:山羊座

文音ホロスコープ


https://cocoloni.jp/365birth/1988/3/17/F/

◎これからの仕事について
魚座新月に30歳の誕生日を迎えた文音さんは、太陽も月も魚座。なので今後は自分の弱さを味方にして、大きな仕事をこなしていくだろうと筆者は予測します。

占星術では太陽は表の顔、月は裏の顔を示すので、文音さんは普段から表裏なく自然体。優しくてマメで、どんな状況でも、どんなに苦手な相手でも、とりあえず引き受ける包容力がありそうです。

一方で、与えられた環境にドップリと甘えてしまうところも…。魚座は創造力と芸術性に優れている星座だけに夢見がち。なので、演劇留学など、夢を叶えようと自由な環境に身を置くことで、魚座気質の魂は解放されて、むしろ少し現実味が増します。今後の彼女の演技に注目です。

デビュー当時の空の星の動きを見ると、魚座に天王星が。魚座の彼女に大きなチャンスが舞い込みました。でも、山羊座木星や乙女座土星もあり、二世ということへの世間の注目や評価も多かった可能性が。いわゆるプレッシゃーを感じ、実力をつけたくなったのかもしれません。

現在は、蠍座木星や山羊座土星があり、魚座の彼女は比較的、穏やかに動けます。中旬に牡牛座に天王星が入ると、積極的にアピールしていくような動きもありそうです。

■偉大なご両親との関係は?

長渕剛(1956年9月7日生まれ)
太陽:乙女座/月:天秤座/金星:蟹座/火星:魚座

長渕剛ホロスコープ


https://cocoloni.jp/365birth/1956/9/7/M/

長渕剛さんとの関係
お2人のホロスコープを重ねると、文音さんの魚座太陽と月に、長渕さんの魚座の火星が乗るので、娘にちょっかいを出す親父をイメージできます。また、長渕さんの乙女座太陽と木星は、夢を熱く語る大先生のようで娘に対しては太っ腹。

文音さんは今年30歳を迎え、親子の立場が少しだけ対等になるので、シーソーゲームのように頼ったり頼られたかったりするのでは?と思います。

とどのつまりは大の仲良しでしょう。長渕さんは太陽と木星が重なり、冥王星が近いことでカリスマ性や社会的影響力の強さがあります。文音さんからすれば、それはもう偉大な存在。父親を超える男性は見つかりにくいのかなぁ…。

志穂美悦子さんとの関係
お2人のホロスコープを重ねると、文音さんの魚座太陽、魚座月と志穂美さんの蠍座太陽は調和するので、娘さんを大きな愛で包み込むように育てたのでしょう。

志穂美さんの蠍座金星や土星の重なりは、ひたむきな愛や若いうちからの努力の積み重ねなどを示すため、文音さんからすれば、それはもう尊敬する存在。同時に恋愛や結婚を考える上でも憧れることがありそうです。

これからの恋愛について

4月14日公開の『ばぁちゃんロード』は、孫娘がケガをした祖母と一緒にバージンロードを歩くまでの奮闘を描いた物語。公式ページの予告を観ただけでも、筆者はウルッときました。

とても素敵な作品なのだと思うのですが、文音さんも与えられた環境にドップリ浸るタイプなので、もしかするとプライベートでもバージンロードを夢見たり…なんて想像してしまいます。調べた限りでは、浮いた話は見当たらないけども…。

◎直観的に恋をする傾向あり
文音さんの金星は牡牛座、火星は山羊座。占星術では、金星は恋愛の仕方、火星は好きなタイプを示します。ですから、文音さんは牡牛座の持つ感覚で直観的に恋をするでしょう。ビビッと来る感じで、それは説明のしようがない恋です。

マイペースで人見知りなところもありそうだから、例えば、仕事の現場で直観的に恋をしたとしても、じっくりと時間をかけて語り合うのんびりとした感じも。でも、誰が見ても、恋をしてるとキラキラと美しくなるタイプなのでわかりやすそう。

好きなタイプは仕事ができる人、社会の役に立てる人。野心家で真面目で才能豊かな人を見抜き、ずっと思い続けてほれ込み、どんどんのめり込みそうな感じもします。

少し落ち着いたハスキーな声に、親近感のあるナチュラルな眼差し、それに加えて素晴らしい遺伝子…。芸能界で生き残ろうとする野心みたいなものも筆者は感じます。

みなさんも女優の文音さん、気になりませんか?まずは公開中の『おみおくり』や近日公開の『ばぁちゃんロード』に足を運んでみてはいかがでしょう?

◎『ばぁちゃんロード』と言えば…
そうそう、『ばぁちゃんロード』と言えば、新郎役の三浦貴大さんも、ご両親が三浦友和さん、山口百恵さんという大物芸能人。

文音さんとある意味、似たような環境で育ったので、お互いにわかり合える部分も多かったのかな?などと想像しています。そんなところに注目してみても面白いかもしれませんね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.