くらし情報『詩が生まれる瞬間に立ち会う――谷川俊太郎×覚和歌子「対詩ライブ」』

2017年11月1日 17:30

詩が生まれる瞬間に立ち会う――谷川俊太郎×覚和歌子「対詩ライブ」

こんにちは、島本薫です。

「対詩ライブ」というイベントを耳にしたことはありますか?ふたりの詩人が数行ずつ言葉を紡ぎ、観客の前で一編の詩を書いていく「即興詩のかけあい」です。

本日は、詩人を身近に感じられる「対詩ライブ」の魅力をお届けしましょう。

■「対談」でも「対戦」でもない「対詩」のライブ

詩人がいかにして詩を創作するのか。詩人とはどんな人たちなのか。詩と詩人を身近に感じられるイベントです。主催obla()t

隣人のように、詩人を身近に。
文学ではない場所で「詩的なもの」と出会う。

そんなコンセプトで始まった「対詩ライブ」。「対詩」とは、ふたりの詩人が交互に5行以内の詩を書いて、12の倍数でひとまとまりの「詩」とするもので、複数の詩人が詩を書き継ぐ「連詩」の一種です。

リレー形式の即興詩という世界初の試みを続けてきたのは、詩人の谷川俊太郎(たにかわ・しゅんたろう)さんと覚和歌子(かく・わかこ)さん。

観客を前にしたそのライブでは、書き手はひとり静かな場所で自分と向き合いながら言葉を紡ぐわけにはいきません。ライブ終了までの限られた時間の中、どんなテーマの詩を書くことになるのかもわからない未知の旅に出発するのです。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.