くらし情報『『フリンジマン』第10話あらすじ - 出会ったその日にキスまでいく戦略』

2017年12月10日 09:30

『フリンジマン』第10話あらすじ - 出会ったその日にキスまでいく戦略

『フリンジマン』第9話のレビュー・あらすじ

■『フリンジマン』第10話のあらすじ(ネタバレあり)

出張のため井伏(板尾創路)が不在の状態に。愛人作りも中断かと思った矢先に、雀荘の常連客・夏美(MEGUMI)から料理教室を勧められる。

料理教室には出会いを求めている女性が多いと聞いた田斉(大東駿介)、満島(淵上泰史)、安吾(森田甘路)は、井伏に頼らずに愛人作りをしようと決意。

早速入会したところ、料理教室には美しい女性ばかりが通っており、3人のテンションはどんどん上がっていった。

3人はこれまで井伏に教わった数々のテクニックを駆使して、ターゲットとなる女性との距離を順調に詰めていく。

しかし、田斉のターゲットを満島が横取りしようとしたことで田斉は困惑。安吾も目当ての女性と順調に仲良くなりつつあったため、田斉は焦りを感じていた。

そんななか、田斉たちを除く唯一の男性生徒・江戸川(東幹久)が田斉に声をかける。

田斉の愛人作りに協力を申し出てきた江戸川は、井伏と同じく人の心理をよく理解しており、すぐに田斉とターゲットの仲を取りもつことに成功。

江戸川のおかげで、田斉はその日のうちにターゲットと食事を済ませ、さらにキスまですることができた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.