くらし情報『書道家「海老原露巌」の今日の一文字「観」』

2017年12月18日 18:00

書道家「海老原露巌」の今日の一文字「観」

■「観」とイメージしてみよう

目次

・「観」とイメージしてみよう
・インスピレーションは「能舞台の鏡松」から
・「仰観宇宙之大府察品類之盛」
・王羲之「蘭亭序」
・「観」と書いてみよう
25319892 1209012642564840 1429199882 o


今回のテーマを「観」にした理由には、私の深い思いがあります。

皆さんは「観」と聞いて、何をイメージするでしょうか。

25577071 1212818558850915 121694146 o

インスピレーションは「能舞台の鏡松」から

能舞台における「松」の意味を、皆さんはご存知ですか?

演舞者は松に向かって踊るのが本来で、舞台上の松は鏡に映った松を意味しています。「鏡松」つまり演舞者は鏡に映った松を背に、観客に自分を観せることになるのです。

ある日、20年ぶりに能を鑑賞していたときに、突然「観」と一瞬のインスピレーションを受けました。

それをベースに王義之の「蘭亭序」の「観」「仰ぎ観る」という一節がミート。私は鏡に「映る姿」と実際に「観る姿」とを対比させて、自分のしてきた書の世界観を確認することができたのです。

こうしてできた作品が「観」です。

映すとは
鏡に映ったもの。そのままの形を映す。つまり「書く」こと。日々の映し書く練習の蓄積。

観るとは
単に形を映すものではなく、そこにインスピレーションが加わること。つまり発想したものを「描く」こと。

この相対するふたつがうまく重なり合うときに作品が生まれます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.