くらし情報『“読書初め”におすすめ。『千年後の百人一首』で千年前の恋歌に思いを馳せる』

2018年1月2日 20:00

“読書初め”におすすめ。『千年後の百人一首』で千年前の恋歌に思いを馳せる

あけましておめでとうございます。新しい年を迎え、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

お正月飾りや初詣、おせち料理に年賀状。新年は、1年のうちで最も「和」を感じる季節。

そんな時期におすすめの本をご紹介します。

■挿絵も美しい百人一首の本

目次

・挿絵も美しい百人一首の本
・不倫の歌でさえも情緒のある表現
・新年に、千年前の「和」に触れてみては?
1801 01 dress


『千年後の百人一首』。タイトル通り、内容は百人一首です。

ただ、「千年後の」とあるように、清川あさみさんが、布や糸・ビーズで描きおろした情景(挿絵)と、最果タヒさんの現代語訳で表現されているため、学生時代に学んだ百人一首とはひと味もふた味も違います。

まず、清川あさみさんの挿絵が、本当に美しいのです。ひとつの歌につき、挿絵もひとつなので、当然、挿絵は百あります。

歌の内容によって、挿絵の趣もそれぞれ異なり、月や水のような自然を感じるものから、季節を感じるもの、詠み人の切なさや寂しさ、恋心や情念のような感情を感じさせるものなどさまざまで、文章を読まずとも挿絵だけでも引き込まれるほどです。

ページをぱらぱらとめくって、この百の挿絵を眺めるだけでも、美しいものに触れる時間を堪能でき、ある意味、芸術鑑賞といってもいいかもしれません。

■不倫の歌でさえも情緒のある表現

もちろん、最果タヒさんの現代語訳も素晴らしく、たとえ、恋心なんてとうの昔にどこかに置いてきてしまった、という人でも、グッとくるものがあるのではないかと思います。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.