くらし情報『実は難しい、素敵に見せるニット選び。「愛せる1枚」の選びかた』

実は難しい、素敵に見せるニット選び。「愛せる1枚」の選びかた

2018年2月15日 13:00
 

■ニットは一番差が出るトップス

現代において女性が上半身に身に着ける服のアイテムは大きく分けて3つある。

1.シャツ・ブラウス
2.カットソー(ニット生地を裁断・縫製したもの)
3.ニット(編み物)

この中で、選ぶのが一番難しいアイテムがニットだと常々思っている。

なぜなら、ほんのちょっとの差で、素敵に見えるか残念に見えるか、その明暗が分かれてしまうアイテムだから。

ニットを着ていて、ハッとするほど華やかで女らしさがにじみ出る人と、何かを諦めたような空気が出てしまっている人に大きく分かれてしまう。

その差はなんだろう?といつも不思議に思っていた。

目次

・ニットは一番差が出るトップス
・理由その1 ニットは「使用感」や「経年劣化」が一番表れやすい
・理由その2 ニットは体の線を拾いやすい。
・理由その3 素材のクオリティと値段が比例するシビアなアイテム
・ニットを3つのカテゴリーに分けて構築する
・愛せるニットを手に入れて、ニット1枚で絵になる女になろう!
Dsc 9091


マフラーが縫い付けられている、アルパカ混紡の変わったデザインのニット。広がった袖といい、裾といい、デザイン性が強いニットは1枚でサマになるので便利。暖かさ抜群で、雪の日に着ると幸せな気持ちになれるニット。

理由その1 ニットは「使用感」や「経年劣化」が一番表れやすい

いつもパリッと清潔感漂う、知り合いの年上女性は、

「初対面の人や久しぶりに会う人の約束があるときは、ニットは必ず新品を着ると決めている。それが難しければシャツかジャケットにする」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.