くらし情報『母強し! 『スリー・ビルボード』は予想がつかない必見のサスペンス 古川ケイの「映画は、微笑む。」#36』

2018年1月31日 17:30

母強し! 『スリー・ビルボード』は予想がつかない必見のサスペンス 古川ケイの「映画は、微笑む。」#36

◼︎第90回アカデミー賞、作品賞ノミネート『スリー・ビルボード』

先日、来る3月4日(現地時間)に第90回アカデミー賞が開催されます。

その作品賞にノミネートされた9本の作品が、先日発表となりました。

本日DRESS読者のみなさまにご紹介したいのは、その中の一本『スリー・ビルボード』です。

目次

・◼︎第90回アカデミー賞、作品賞ノミネート『スリー・ビルボード』
・◼︎『スリー・ビルボード』のストーリー
・◼︎オスカー女優、フランシス・マクドーマンド演じるミルドレッド
・◼︎ダークなユーモアとシリアスが交差するクライム・サスペンス
・◼︎『スリー・ビルボード』公開情報
Poster

◼︎『スリー・ビルボード』のストーリー

アメリカ、ミズーリ州の田舎町エビング。

娘をレイプされ殺された母親ミルドレッド(フランシス・マクドーマンド)は、進展しない警察の捜査に腹を立て、さびれた道路に立ち並ぶ3枚の広告看板を買う。

「レイプされて死亡」
「犯人逮捕はまだ?」
「なぜ?ウィロビー署長」

警察署長のウィロビー(ウディ・ハレルソン)を名指しで批判したその広告は、たちまち町中の話題になった。

Sub1


だが、実はウィロビー署長は末期ガンを宣告されていた。
そのことを知る町の人々の多くは、人情味溢れるウィロビーに同情的だった。

警察だけでなく、ひとり息子のロビーや、別れた元夫のチャーリー、町の神父や、診察に行った歯医者からも批判され、捜査を進展させるはずが、町中を敵に回してしまったミルドレッドは、孤立無援となっていく。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.