くらし情報『映画『マダムのおかしな晩餐会』感想。人生がより楽しくなる、スパイスの効いた大人のロマンティックコメディ!』

2018年11月30日 18:00

映画『マダムのおかしな晩餐会』感想。人生がより楽しくなる、スパイスの効いた大人のロマンティックコメディ!

とボブと前妻の間の息子で駆け出しの作家のスティーブンに尋ねます。

すると、悪ノリをしたスティーブンは、「彼女の正体は、両シチリア王国の末裔で、全スペイン国王の又従妹だ」と耳打ちしてしまったのです。

%e3%83%9e%e3%83%80%e3%83%a0%e3%81%ae%e3%81%8a%e3%81%8b%e3%81%97%e3%81%aa%e6%99%a9%e9%a4%90%e4%bc%9a %e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3a


ディナーが始まりますが、マリアは周りの話題にまったくついていけません。

頼りのアンは、ボブとの倦怠期を見抜いた美術賞オーナーのアントワーヌから口説かれています。

ボブの方も若く美しいフランス語教師と何やら妖しい雰囲気です。

緊張のあまりワインをガブ飲みしてしまったマリアは、デビットから「ジョークで盛り上げてくれ」と頼まれて下品な下ネタを披露してしまいます。

ところがこれがデビットには大ウケして求愛されてしまうのです。

今さら正体を明かせないアンとマリアたちのから騒ぎの行方は……!?

%e3%83%9e%e3%83%80%e3%83%a0%e3%81%ae%e3%81%8a%e3%81%8b%e3%81%97%e3%81%aa%e6%99%a9%e9%a4%90%e4%bc%9a %e3%82%b5%e3%83%96%ef%bc%92

■映画『マダムのおかしな晩餐会』作品紹介

映画『マダムのおかしな晩餐会』11月30日(金)より TOHOシネマズシャンテほか全国ロードショー!
公式サイト:www. madame-bansankai.jp

原題:Madame
監督:アマンダ・ステール
製作:シリル・コルボー=ジュスタン、ジャン=バティスト・デュポン、アラン・パンクラツィ
原作:アマンダ・ステール
脚本:アマンダ・ステール、マシュー・ロビンス
撮影:レジス・ブロンド
編集:ニコラ・ショドールジュ
音楽:マチュー・ゴネ
製作年:2016年
製作国:フランス
上映時間:91分
映倫区分G
配給:キノフィルムズ
© 2016 / LGM CINEMA – STUDIOCANAL – PM - Tous Droits Réservés

■映画『マダムのおかしな晩餐会』キャスト

トニ・コレット=アン・フレデリックス
ハーベイ・カイテル=ボブ・フレデリックス
ロッシ・デ・パルマ=マリア
マイケル・スマイリー=デビット・モーガン
トム・ヒューズ=スティーブン・フレデリックス
スタニスラス・メラール=アントワーヌ・ベルナール
ジョセフィーヌ・ドゥ・ラ・ボーム=ファニー
ブレンダン・パトリックス

【シネマの時間】
アートディレクション・編集・絵・文=諸戸佑美
©︎YUMIMOROTO

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.