くらし情報『映画『バレンタインデー』の感想。全ての愛が主人公』

2021年4月21日 12:00

映画『バレンタインデー』の感想。全ての愛が主人公

みなさま、こんにちは! アートディレクターの諸戸佑美です。

今月から毎月3本程コラムの連載で、話題作から名作まで魅力的な映画をイラストレーションと文でご紹介させていただきます。

映画はいつ観ても必ず何かしら心に響くシーンや言葉がありますね。そんな映画を通して様々な世界をお伝えできれば幸いです。2時間後、人生が少し変わるかもしれません。

■映画『バレンタインデー』Bitter&Sweetな恋愛映画

目次

・映画『バレンタインデー』Bitter&Sweetな恋愛映画
・映画『バレンタインデー』のあらすじ
・恋愛なんてと落ち込んでいる人にこそ観て欲しい
・心に響くシーンや台詞がいっぱい
・映画『バレンタインデー』作品紹介
・『バレンタインデー』のキャスト
Dress


2月、立春が過ぎるとバレンタインも間近となりますが、「シネマの時間」第一回目は、Bitter&Sweetな恋愛映画『バレンタインデー』という作品。

恋してる人も恋してない人も、ロマンチックな気分を楽しんでみませんか。

バレンタインデーを迎えたロサンゼルスを舞台に、シャーリー・マクレーンやジュリア・ロバーツ、ジェイミー・フォックス、アシュトン・カッチャー、アン・ハサウェイ他、ベテランから若手までハリウッドを代表する俳優たちの豪華共演で贈るアンサンブル・ラブ・ストーリー。

監督は、「プリティ・ウーマン」「プリティ・プリンセス」で知られるキューティー映画の巨匠ゲイリー・マーシャル。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.