2015年6月3日 12:00|ウーマンエキサイト

一日の終わりにリラックス。 「ちょっと飲みたい気分」になる、ジャジィな室内楽3選

稲木紫織
ライター
稲木紫織
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
室内楽というとクラシックを思い浮かべるかもしれませんが、それだけではありません。オーケストラと違って、小さい編成によるピアノや管弦楽のアンサンブルは、まさに小部屋で聴くのにふさわしい親密な肌触りで、私たちの心のひだに優しく分け入ってきます。

一日の終わりにリラックス。 「ちょっと飲みたい気分」になる、ジャジィな室内楽3選

© Minerva Studio


あわただしかった1日を一瞬にして心潤し、いい香りが漂ってきそうなひとときに変えてみませんか? そんな極上の時間を演出してくれる、選りすぐりのジャジィな室内楽をご紹介しましょう。

・「バー・ブエノスアイレス ~ソワレ~」
・ チリー・ゴンザレスの「チェンバース」
・ 中島ノブユキ「散りゆく花」

「バー・ブエノスアイレス ~ソワレ~」で心底リラックスアルゼンチンの天才ピアニストで作曲家、カルロス・アギーレの繊細な楽曲につながる、世界の様々な音楽を集めた人気のコンピレーション・シリーズ4作目。コンセプトはまさしく、“エヴァンスと室内楽”で、偉大なジャズ・ピアニスト、ビル・エヴァンスの作品がフィーチャーされています。

一日の終わりにリラックス。 「ちょっと飲みたい気分」になる、ジャジィな室内楽3選

とはいっても、単なる寄せ集めやカバーではなく、エヴァンスのピアノと管弦楽器とのマッチングの良さ、つまり、室内楽的な魅力に焦点を当てた作品で編まれており、エヴァンスならではの繊細さがクローズアップ。さらにイマジネーションが広がります。

特筆すべきは、ギタリストのパット・メセニーとピアニストのライル・メイズが、エヴァンスに捧げて作曲した「September Fifteenth」。彼の命日である9月15日がタイトルになっていて、カルロス・アギーレと、世界一美しいアルペジオを奏でるといわれるギタリスト、キケ・シネシが、このアルバムのために共演しています。丁寧な愛撫のようにデリカシーのある演奏に、心身がほぐれて美酒に酔いたくなるかもしれません。
稲木紫織
稲木紫織の更新通知を受けよう!
確認中
稲木紫織
稲木紫織の更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
稲木紫織
稲木紫織の更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
稲木紫織
稲木紫織をフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
稲木紫織
稲木紫織の更新通知が届きます!
フォロー中
稲木紫織
稲木紫織の更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.