2016年3月22日 12:00|ウーマンエキサイト

ざわついた心を落ち着かせる 「安心安全」な環境の作り方

小高千枝
専門家
小高千枝
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
こんにちは。心理カウンセラーの小高千枝です。みなさんは日常生活の中で「安心感」を感じていますか? 「安心感」はおそらく無意識なものなので、きっと “意識” することがないかもしれません。

私にとって、臨床の現場だけではなく、大切な家族や友人と過ごすとき、限られた環境の中において『安心、安全』は重要なキーワード。常に意識をしながら毎日を過ごしています。また、“安心できる環境”は「居心地の良さ」をもたらしてくれます。

ざわついた心を落ち着かせる 「安心安全」な環境の作り方

© 2mmedia - Fotolia.com


今回は、ざわついた心も落ち着かせてくれる「安心安全な環境の作り方」についてお話をしましょう。

安心安全な 「人的」「時間的」「空間的」環境を持つ人間は、無意識の中でホッとする時間があるからこそ、心身をリセットし、リスタートすることができます。その根底には、 “安心・安全”がつきものです。

例えば臨床の現場において、私(小高千枝)は
● “心理カウンセラー” “メンタルトレーナー” として
安心安全な「人的」環境
でなければなりません。

●臨床開始~終了まで “クライエントさまと過ごす空間” は、
安心安全な「空間的」環境でなければなりません。

● “臨床中の時間” は安心安全な「時間的」環境でなければなりません。

これらはカウンセリング、メンタルトレーニングの基本となります。そのため、クライエントさまにとっての “安心、安全” がここにあるのです。

ざわついた心を落ち着かせる 「安心安全」な環境の作り方

© worldwide_stock


では、みなさんの日常生活を思い浮かべてみましょう。 「常に安心感に囲まれている必要がある」ということではなく、ご自分が帰りつく場所(リセット、リスタート)に、安心、安全を見出してみてください。

・人的環境: ご家族、パートナー、友人
・空間的環境:職場、自宅、カフェ   
・時間的環境:バスタイム、運動している時間、パートナーと過ごす時間

…など。さぁ、みなさんはいくつ出てきましたか?
小高千枝
小高千枝の更新通知を受けよう!
確認中
小高千枝
小高千枝の更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
小高千枝
小高千枝の更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
小高千枝
小高千枝をフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
小高千枝
小高千枝の更新通知が届きます!
フォロー中
小高千枝
小高千枝の更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.