2016年5月10日 19:00|ウーマンエキサイト

イクメンの定義は? 家事分担は? 共働きパパたちの本音に迫る「パパ会」レポート・その1

目次

・未知なる「パパ会」発足の経緯は、パパならではのママへの気遣い!
・「朝食づくり」担当も! 気になるパパの家事分担事情
・「イクメン」と呼ばれるのはこそばゆい? パパたちの本音
ブロックでできた「father」

© nishka321 - Fotolia.com


出勤前に子どもを保育園に送り、帰宅後は子どもをお風呂に入れて、夕食の後片付け。
妊娠・出産後も仕事を続ける女性が珍しくないいま、家庭のなかで「パパに求められる役割」も変化しているように感じます。

では実際、共働き家庭のパパたちは、どんなことをしていて、「イクメン」についてどう思っているの?
そんな疑問を探るべく、未就学児を持つパパたちの会に潜入し、皆さんの本音を聞いてきました。

■未知なる「パパ会」発足の経緯は、パパならではのママへの気遣い!

ママ会ならぬ、「パパ会」が行われたのは、とある週末の夜。子どもが同じ保育園に通う30代前半~50代のパパ、15人が集まりました。
ほとんどがママと同世代のご夫婦で、20代後半から30代のはじめに1人目のお子さんが誕生しています。

このパパ会、そもそもは保育園の保護者会長を務めたパパが、忙しい時間を割いてほんの数百円の運営費をやりくりしようとがんばっているママたちの姿を目の当たりにしたことをきっかけに発足したそう。
定期的にパパ会を開き、会費を多めに集め、余剰金を保護者会費に回す仕組みをつくり、ママたちの時間、精神的負担をサポートしています。

年齢も職業も異なるパパ同士ですが、子どものことから日常生活の他愛のない話題まで、とてもリラックスした様子で盛り上がっていました。

■「朝食づくり」担当も! 気になるパパの家事分担事情

夫婦ともに仕事をし、忙しい毎日を送っている皆さんに、まずは子育て、家事においてご自身が担っていることを聞いてみると、約半数が「保育園への送り」をしているとのこと。
さらに、そのうち4人のパパは朝食づくりも担当! 毎朝5時半起きで和食を用意しているパパもいました。

帰宅後も、食器洗いに洗濯、子どもとお風呂、そして自分のワイシャツのアイロンがけなど、「家のことはママにまかせっきり」スタンスなパパは見当たらず、それぞれのライフスタイルのなかで、できることをしている様子でした。

ここで気になるのが、育児や家事を積極的にする、その動機。
コミヤ カホル
コミヤ カホルの更新通知を受けよう!
確認中
コミヤ カホル
コミヤ カホルの更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
コミヤ カホル
コミヤ カホルの更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
コミヤ カホル
コミヤ カホルをフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
コミヤ カホル
コミヤ カホルの更新通知が届きます!
フォロー中
コミヤ カホル
コミヤ カホルの更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着くらしまとめ
もっと見る

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.