2016年5月24日 21:00|ウーマンエキサイト

“経年変化”のある家具で、自分なりの味を楽しむ【坪田あさみのインテリアコーデBOOK #4】

坪田あさみ
専門家 (ファッションエディター)
坪田あさみ
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
坪田あさみのインテリアコーデBOOK

坪田あさみのインテリアコーデBOOK

インテリアが好き、というより、むしろインテリアがわからない、どのように家具をそろえたらいいか知りたい、そんなインテリア初心者の方に、私なりの“自分らしいインテリアコーデ術”をお伝えしていきたいと思い…

あなたは家具を買う時に何を重視しますか? デザインはもちろん、価格、いまのインテリアに合うかどうか、ブランド、品質など、いろいろあると思います。

わたしは、前回書いた「着回し力があるかどうか」に加えて、「経年変化を楽しめるかどうか」ということも重要な基準のひとつだと思っています。

良い木材で作られた家具は傷や節目さえも味になります。

良い木材で作られた家具は傷や節目さえも味になります。



たとえば、我が家のソファを買う時、張り地を選ぶことができました。コーデュロイやコットン、ウールなど何種類かありましたが、わたしが選んだのは本革のレザー。

経年変化によってレザーの色に濃淡が出てきます。よく座ることでレザーも少しずつ柔らかくなってきます。

経年変化によってレザーの色に濃淡が出てきます。よく座ることでレザーも少しずつ柔らかくなってきます。



もちろん、ファブリックよりも値段はかなり高く(本革のレザージャケットの値段を考えると、ソファは表面積が広いですからね!)、季節や流行に合わせて張り替えることもできません。

しかし、わたしが何より重視したのは、「時間がたてばたつほど味になるかどうか」ということ。

合皮レザーなら手入れは楽だし値段も安い。新しいうちは本革と遜色のない質感のものも、最近は増えています。

けれど、使えば使うほどくたっとした味が出ること、たとえ汚れたりシミになったりしても、それが独特の雰囲気につながるもの、また足裏や手のひらからの脂さえもプラスになるもの、そんな素材は本革しかないと思っています。

■つけてしまった傷もまた、味になる

木製の家具も同じことが言えます。

ひとくちに木製と言っても、よくある化粧合板や集積材を使っている家具ではなく、質のよい一枚板のものです。

値段は張りますが、経年変化を楽しめます。色が深まり、味になっていきます。

たとえ傷をつけてしまっても、独特な雰囲気になるのです。

フローリング板をリメイクして作られた額縁。アメリカの家屋を解体した廃材を再利用したものだそう。

フローリング板をリメイクして作られた額縁。アメリカの家屋を解体した廃材を再利用したものだそう。



時を経た家具は、まったく同じ新品と比べても、より価値があるとわたしは思うのです。

帽子スタンドはアンティークで、元は糸巻きだったもの。フランスのどこかの工場から? 家庭で使われていたもの? 

帽子スタンドはアンティークで、元は糸巻きだったもの。フランスのどこかの工場から? 家庭で使われていたもの? 


◇Asami's Answer◇
時を経て、自分の“使い方なりの味”がでてくる「家具の成長」を楽しむ。


坪田あさみ
坪田あさみの更新通知を受けよう!
確認中
坪田あさみ
坪田あさみの更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
坪田あさみ
坪田あさみの更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
坪田あさみ
坪田あさみをフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
坪田あさみ
坪田あさみの更新通知が届きます!
フォロー中
坪田あさみ
坪田あさみの更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.