子どもが「YouTuberになりたい」と言い出したら?『配信ボーイ~ボクがYouTuberになった理由~』

2018年3月21日 16:00
 

nakamura omame ライター
nakamura omame

目次

・普通の高校生が人気YouTuberになる!?
・吉村界人ら注目の若手俳優陣が集結!
・子どもたちが憧れるYouTuberって?
・子どもが「YouTuberになりたい」と言い出したら?
・「知ること」は、子どもの「夢」と向き合う第一歩!
子どもが「YouTuberになりたい」と言い出したら?『配信ボーイ~ボクがYouTuberになった理由~』

(C)エイベックス通信放送


男子中学生の「なりたい職業ランキング」第3位にランクインするなど、ここ数年で一躍憧れの職業となったYouTuber。その人気はますます高まる中、3月24日から高校生YouTuber「すしらーめん≪りく≫」の軌跡を辿るドラマ『配信ボーイ~ボクがYouTuberになった理由~』がdTVで7日間連続独占配信される。

ドラマで描かれるのは、普通の高校生が人気YouTuberになるまでの道程と素顔、さらには動画制作秘話など、子育て真っ只中のママたちにも気になる内容ばかり。物語の見どころに迫るとともに、“子どもの将来の夢”としてのYouTuberについて考えてみたい。

■普通の高校生が人気YouTuberになる!?

子どもが「YouTuberになりたい」と言い出したら?『配信ボーイ~ボクがYouTuberになった理由~』

(C)エイベックス通信放送


物語の主人公は、チャンネル登録者数200万人を誇る高校生YouTuber・すしらーめん≪りく≫。一口に「YouTuber」といっても、ゲーム実況、音楽、食レポなどジャンルはさまざまだが、リクは実験や挑戦、壮絶にくだらない装置作りなど、奇想天外な発想が魅力。複数のカメラを駆使した撮影や高度な編集スキルも特長で、父、ばあばといった家族や、友人、愛犬が出演するアットホームな動画も人気を集めている。

『配信ボーイ~ボクがYouTuberになった理由~』は、そんなリクの自伝エピソードをもとに、普通の男子高生が人気YouTuberになるまでを描いた青春サクセスストーリー。友情、恋、将来という高校生ならではの悩みに加え、視聴者からの罵倒やプレッシャーに葛藤しながら動画制作に励む“YouTuber”としての素顔を紐解いていく。

ふだんは、ただただ「おもしろい」という理由で観ることの多いYouTubeだが、YouTuberとして活動する陰には、知られざる苦悩も…。いつも私たちが観ている“おもしろ動画”ではわからない、YouTuberの裏側を知ることができそうだ。
dTv 31日間無料お試しはこちらから

■吉村界人ら注目の若手俳優陣が集結!

子どもが「YouTuberになりたい」と言い出したら?『配信ボーイ~ボクがYouTuberになった理由~』

吉村海人(C)エイベックス通信放送


リクを演じるのは、新進気鋭の若手俳優・吉村界人。ドラマ『僕たちがやりました』(日本テレビ系)、『わにとかげぎす』(TBS系)のほか、映画『劇場版 お前はまだグンマを知らない』、『ビジランテ』など、多数の作品で存在感を示す実力派だ。
子どもが「YouTuberになりたい」と言い出したら?『配信ボーイ~ボクがYouTuberになった理由~』

小島藤子(C)エイベックス通信放送


子どもが「YouTuberになりたい」と言い出したら?『配信ボーイ~ボクがYouTuberになった理由~』

和田颯(C)エイベックス通信放送


リクが恋する幼なじみのはる役には、NHK連続テレビ小説『ひよっこ』で寮長役を演じた小島藤子が抜擢。さらにリクと共に動画制作を行う友人・ソーゴ役で、ダンス&ボーカルグループ・Da-iCEの和田颯が連ドラ初出演を果たす。
子どもが「YouTuberになりたい」と言い出したら?『配信ボーイ~ボクがYouTuberになった理由~』

高田里穂(C)エイベックス通信放送


ほかにクラスメイトの美玲役をnon-noモデルとしても活動する高田里穂が務めるなど、注目の若手俳優が瑞々しい演技で華を添える。

■子どもたちが憧れるYouTuberって?

子どもが「YouTuberになりたい」と言い出したら?『配信ボーイ~ボクがYouTuberになった理由~』

(C)エイベックス通信放送


そもそも「YouTuber」は、自主制作した動画を動画共有サイト『YouTube』で公開する個人やグループのこと。ヒカキン、はじめしゃちょー、Fischer'sなどが有名で、名前を聞いたことがある、さらには動画を見たことがあるというママも多いはず。

YouTuberは、ネタを考えるところから、動画出演・撮影、編集、公開までを自ら行うのが基本。手軽に配信ができるのが特徴だが、どんな人でも参入できるからこそ、再生回数を増やすために食べ物を無駄にしたり、ゲームに課金したり、体を張って危険な行為を行うなど過激化が問題になっている。

人気YouTuberになるためには、コンスタントにおもしろい動画をアップしなければならず、相当なセンスと根気が必要。企業とのタイアップや広告収入などで“食べていける” YouTuberはほんの一握りで、あのヒカキンですらYouTubeの収入だけで生活できるようになるまで4年かかったというから、厳しい世界であることは間違いない。
dTv 31日間無料お試しはこちらから

■子どもが「YouTuberになりたい」と言い出したら?

先述のとおり、YouTubeは「やりたい」と思えばすぐに動画配信できるため、チャレンジするのは自由かもしれない。でも、もしも子どもが職業として「YouTuberになりたい」と言い出したら、どうするべきか。

実際、ソニー生命保険が2017年に行った「男子中学生のなりたい職業ランキング」ではプロスポーツ選手を抑えて「YouTuberなどの動画投稿者」が第3位にランクイン。女子でも10位にランクインするなど、男女問わず人気は上昇中である。

ちなみに、筆者の息子(小2)の夢のひとつもYouTuber。子ども部屋で何やらブツブツ呟いていたので、コッソリ覗いてみると「どうも〇〇です。今日は~」とYouTuberごっこをしていたことも。“時代”というものをひしひしと感じる一方で、親からすると「素直に応援する」ことがためらわれる職業でもあることも否定できず…。

■「知ること」は、子どもの「夢」と向き合う第一歩!

子どもが「YouTuberになりたい」と言い出したら?『配信ボーイ~ボクがYouTuberになった理由~』

(C)エイベックス通信放送


だが、YouTuberが子どもたちに夢と笑いを与えていることもまた事実。親子で観ても、大爆笑や感心するような動画もたくさんあるため、頭ごなしに否定するのも違う気がする。

ドラマでは、リクが人気YouTuberになるまでの光と影が描かれるだけに、「YouTuberって何!?」という初歩的な疑問から、YouTuberの醍醐味や苦悩なども明かされ、ぼんやりとしたYouTuberのイメージを鮮明なものにしてくれそう。

子どもの「夢」と向き合う第一歩は、その職業についてきちんと知ること! dTVは31日間の無料お試し期間もあるので、ドラマでYouTuberについての知識を身につけて、今一度子どもの将来について考えるキッカケにしてみてはいかがだろうか?
dTVオリジナルドラマ『配信ボーイ~ボクがYouTuberになった理由~』
子どもが「YouTuberになりたい」と言い出したら?『配信ボーイ~ボクがYouTuberになった理由~』
配信日:2018年3月24日(土)0時より7日間連続配信
配信話数:1話 約10分~15分/全8話配信
出演:吉村界人、小島藤子、和田颯、高田里穂、丸山智己、白川和子、袴田吉彦
dTv 31日間無料お試しはこちらから

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.