2018年5月21日 17:00|ウーマンエキサイト

お金は「いくら」あれば安心? 貯まらない人の失敗パターンとは【「崖っぷち家計」脱出法 Vol.1】

「崖っぷち家計」脱出法

イラスト:平松昭子


いまの家計が赤字になっているご家庭、そしていまは大丈夫でも、将来にわたって崖っぷちとなりそうなご家庭など、お金に不安を感じる人は多いのではないでしょうか?

そこでエキサイトでマネー記事を担当する、私、楢戸ひかると「お金のことを考える道筋」について、一緒に考えてみませんか? 題して「『崖っぷち家計』脱出法」。「お金が貯まらない」という人の話を聞くと、じつは家計の考え方や順番が間違っている人を多くみかけます。そこで基本からわかる家計見直し術をご紹介します。
楢戸ひかる
ファイナンシャルプランナー資格(現FP技能士)を取得し、女性誌でマネー記事を約20年間執筆。最近では、家計管理のワークショップも開催。家族は、夫と3人の男の子(高校生と中学生の双子)。

■「節約」と「家計簿」が失敗するワケ

お金の悩みは、大きくわけるとこんな感じなのではないでしょうか。
<よくある「お金の悩み」3つ>
●いまのままで「本当にお金のこと大丈夫なのかな?」と不安を感じている
●お金が、なかなか貯まらない
●節約や家計簿が続かない

「お金のことを、ちゃんとしよう!」と思って、多くの人が最初にトライするのが「節約」「家計簿」。でも両方とも、面倒だったり大変だったりで、いつしかフェードアウト。そして「やっぱり、私はお金のこと、ちゃんとできないんだ」と、さらに苦手意識を持ってしまう…。これは、とてもよくある失敗パターンです。

■“お金の道筋”を知らないと、うまくいかない

じつは「家計簿」と「節約」は、「お金のこと」の最終仕上げ!本来、最後にやるべきことを、最初にやろうとするから、いままでうまくいかなかったんです。

多くの人が「お金のことを考える道筋」を間違えていると私は感じています。これが、「お金のことを、ちゃんとしたいけれど、やっぱりできない!」となる一番大きな要因です。

反対に言えば、「お金のことを考える道筋」を知れば、多くの人が「お金のことをちゃんとできる」と、私は思っています。

■お金は、いくらあれば安心ですか?

「崖っぷち家計」脱出法

© hanack - stock.adobe.com


ところで。道筋をお伝えする前に、ひとつ、質問です。
お金は、いくらあれば安心ですか?
この質問に、「ちゃんと」答えられる人は、そうそういないと思います。私も、長らくそうでした。「お金がたくさんあったら、きっと安心に違いない」と、ただ、漠然と思っていたんです。

でも、「お金のプロ」の方々は、口をそろえて、こう言います。「いくらお金がたくさんあっても、『お金そのもの』に安心を見いだすことは無理です」と。

世界的な大富豪ロックフェラーは、お金が減ってしまう不安で不眠症になったとか。こんな話を聞くと、「お金がたくさんあったら、安心」というのは、単なる幻想なのかもしれないと思うようになりました。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.