2019年2月7日 11:00|ウーマンエキサイト

「子育てしやすい家」のポイントとは? コストを抑えておしゃれに暮らす家選びのコツ

[PR]

結婚して、子どもが生まれ、ライフスタイルが変化すると住環境について考えることも増えてきますよね。購入か賃貸か、新築か中古かというだけでも悩みます。

「子育てしやすい家」のポイントとは? コストを抑えておしゃれに暮らす家選びのコツ

© naka - stock.adobe.com


なにを重要視するかは家庭によって異なると思いますが、それでも、子育て世帯には共通する譲れないポイントがあるはず。

ライフスタイルがめまぐるしく変化していく子育て世帯に向いているのは、どんな家なのでしょうか?

■子育て世帯の家選びのコツが知りたい

子育て世帯の家探しにおいて、押さえておきたいポイントを考えてみましょう。

1.子どもが遊べる広さや収納といった、家自体の快適さ。

2.緑が多く公園や学校・病院が近いなど、まわりの環境。

3.今後の学費などを考えて、なるべくコストを抑えられること。

きっと子どもが小さいうちは、保育園や公園が近いほうが便利です。遊びに夢中になれるような広さのある部屋も必要。それに、どんどん増えていく子どものおもちゃや洋服、学校の教材などを収納する場所も確保しなくてはいけません。

「子育てしやすい家」のポイントとは? コストを抑えておしゃれに暮らす家選びのコツ

多摩平の森


だからといって、屋内・屋外環境を重視するあまりに家賃が跳ね上がってしまっては「子育てしやすい」とは言えませんよね。将来の学費のことなどを考えると、できるだけ住環境にかけるコストは抑えたいもの。

すべてを叶える、そんな夢のような家があるのでしょうか…? 実は賃貸住宅を選択肢に入れると、全部叶う可能性があります。

子育て世代は、子どもの成長によってライフスタイルがどんどん変わっていきます。そんな場合、「賃貸で暮らす」という選択肢はけっこう現実的。なぜなら、購入する場合と違って、気軽に住み替えができるから。

そんな子育て世帯にぴったりの賃貸住宅があるんです。

■MUJIと共同開発されたお部屋も! 子育て世代にぴったりの賃貸住宅とは

小さいお子さんを持つ世帯の痒いところに手が届くのが、「UR賃貸住宅」。URと聞くとまだまだ「団地だから古いのでは?」と思う方もいるかもしれません。でも、実はそのイメージは、当てはまらなくなってきているかもしれません。

「子育てしやすい家」のポイントとは? コストを抑えておしゃれに暮らす家選びのコツ

きれいなフローリングの床、白い壁にカウンターキッチン。「団地」のイメージが覆ります。


部屋の中はキレイに改修されており、水回りの通常の修繕はもちろん、現代のライフスタイルに合わせて和室を洋室に作り替えていることもあるんだそう。

「子育てしやすい家」のポイントとは? コストを抑えておしゃれに暮らす家選びのコツ

ナチュラルなフローリングと白い壁に、黒いフチがあしらわれた引き戸の組み合わせが新鮮。


さらに、ママにも人気のMUJIイケアなどのブランドと共同開発したおしゃれな部屋もたくさん取り扱っています。

・MUJI×UR団地リノベーションプロジェクト
「子育てしやすい家」のポイントとは? コストを抑えておしゃれに暮らす家選びのコツ

キッチンを壁付けから対面キッチンに変更し、背面側に冷蔵庫や食器棚を設置するスペースを確保。


「子育てしやすい家」のポイントとは? コストを抑えておしゃれに暮らす家選びのコツ

白とグレーを基調とし、床もグレーに統一。


・イケアとURに住もう。
「子育てしやすい家」のポイントとは? コストを抑えておしゃれに暮らす家選びのコツ

黄色い壁紙に明るい色のフローリングであたたかみのある空間に。


「子育てしやすい家」のポイントとは? コストを抑えておしゃれに暮らす家選びのコツ

グレーがアクセントの壁紙と、木目が印象的なフローリングの空間がおしゃれ。


白を基調としたおしゃれなお部屋や収納たっぷりのお部屋…。SNSで話題になるような、素敵なおうちに住むことを「賃貸だから」と諦めなくていいんです!

ちなみに、UR賃貸住宅では、引っ越すときの退去時負担額が「思ったほど請求されなかった」という声も多いのだとか。

■公園や学校が近く、緑もたっぷりな環境

UR賃貸住宅は、公園や学校などが近いエリアに建っていることが多いのも、子育て世帯には魅力的です。さらに全国各地のUR賃貸住宅では、敷地内に多くの植栽が植えられており、管理もしっかり行われています。
「子育てしやすい家」のポイントとは? コストを抑えておしゃれに暮らす家選びのコツ

フレール西新井中央公園


実際にUR賃貸住宅に住んでいる方から、「緑溢れる環境に驚きました。敷地内に公園がいくつもあり、一歩外に出たらすぐに遊べるので、まるで天国みたいな子育て環境です」とコメントが寄せられるほど。

玄関を出てすぐに公園がある環境は、お出かけの準備が簡単に済ませられますし、公園までの道に車道がなければより安全ですよね。

「子育てしやすい家」のポイントとは? コストを抑えておしゃれに暮らす家選びのコツ

ひばりヶ丘パークヒルズ


ファミリー向けの間取りも多いので、結果的に子育て世帯が多く入居し、「みんなで子育てしている」ような安心感も得られそうです。

■コストを抑えておトクに借りられるUR賃貸住宅

ちなみに気になる費用や家賃について。実はUR賃貸住宅は、礼金、仲介手数料、更新料がゼロ(敷金は必要です)。普通の賃貸住宅に引っ越す際にかかるこれらの費用がいっさいかからないんです。さらに保証人も不要なので、借りる手間が少なくてすむのも、忙しい子育て世帯にとってうれしいポイント。

賃貸の住み替えのときにネックとなる、これらのコストがかからないのは大きな魅力ですよね。

「子育てしやすい家」のポイントとは? コストを抑えておしゃれに暮らす家選びのコツ

© kazoka303030 - stock.adobe.com


そして、子育て世帯にうれしい割引制度もあります。
18歳未満の子どもを扶養する場合に適用される「そのママ割」や、契約者が35歳以下の場合は「U35割」がその例。おトクな制度がたくさんあるのも特長のひとつです。※対象物件のみ

おトクになったぶん、インテリアに凝ってもっと住みやすい環境を整えることもできますよね。または「子どもが大きくなったらいずれ家を買いたい」といったライフプランがある場合にも、しっかり貯蓄にまわすことができます。

■子育て世帯の願いを叶えるのがUR賃貸住宅

通常の賃貸に比べ、面積が広く、収納もたっぷり。公園や学校の近くに建っていることが多く、敷地内に緑が多いというUR賃貸住宅。こんなにも子育て世帯の理想がつまった住宅は、ほかにないかもしれません。

賃貸だから「ちょっと試しに」と気軽に住めるのも魅力。もし、急にライフスタイルが変わってもUR賃貸住宅なら敷金も引き継げるので安心です。

UR賃貸住宅は、全国に店舗があるので、ぜひ一度見に行ってみてはいかがでしょうか? 家選びの新しい選択肢が増えるかもしれませんよ。

UR賃貸住宅についてもっと知りたい方はコチラ!
PC版はコチラ


PR:独立行政法人 都市再生機構
新着くらしまとめ
もっと見る

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.