くらし情報『南青山の裏通りからハイエンドの本質を発信するBLAMINK』

2016年11月14日 20:15

南青山の裏通りからハイエンドの本質を発信するBLAMINK

ことをテーマに真摯な物作りをコンセプトに掲げている。デビューとなった16-17AW、次の17SSコレクションはこの南青山のフラッグシップショップでのみ販売される。「表通りから1本入った人通りの少ない路面で、四角くて天井が高い物件」という条件で選ばれたという店舗は、図らずも同じユナイテッドアローズグループ内のクロームハーツの向かい。店舗デザインはワンダーウォールの片山正通が担当した。1階の床はパリ南部のル・コルビジェの設計によるパリ国際大学都市ブラジル学生会館のオマージュ、階段下のブックコーナーにはエルワース・ケリーやマーク・ロスコのヴィンテージ本が並べられ、2階のソファはポール・ケアホルム(Poul Kjaerholm)のソファPK31とテーブルPK61。スピーカーのJBLパラゴンから流れるのはトーキングヘッズやOMDといった80年代ニューウェーブからエリック・サティなどのクラシック、ジャズまで幅広い。選曲は片山同様、ドゥロワー時代からの付き合いとなる大沢伸一。チリー・ゴンザレス(Chilly Gonzales)によるゲーンズブールの曲にブラミンクのワードが組み込まれたエディットバージョンなど、ブランドのコンセプトに合わせた凝った趣向が潜んでいる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.