くらし情報『震災で被害を受けた大分・熊本(O・K)のショップが新しく挑戦するものづくり「OK SHOP」錦戸主税さん【九州のクリエイターたち:04】』

2017年3月27日 20:30

震災で被害を受けた大分・熊本(O・K)のショップが新しく挑戦するものづくり「OK SHOP」錦戸主税さん【九州のクリエイターたち:04】

SEEDSTORE(野菜の種) タイム、チャイブ、ルッコラ、ラディッシュ、スイスチャード、バジル、ブロッコリースプラウト(全て500円)、チコリ(670円)、イタリアントマト(800円)/OK SHOP

Photo by Nonoko Kameyama (c)FASHION HEADLINE


三越伊勢丹とビームス(BEAMS)がタッグを組み日本各地の魅力を再発見するプロジェクトイベント「STAND九州」が、3月29日より伊勢丹新宿店本館1階=ザ・ステージとビームス ジャパン1階でスタートする。FASHION HEADLINEでは、同イベントに参加をする九州のクリエイターたちにスポットをあて取材を行った。■OK SHOP「顔が見える繋がりを輪に」「STAND 九州」では、昨年発生した大分熊本地震で被災した大分・熊本(O・K)のショップが新しく挑戦するものづくり「OK SHOP」を応援する。「OK SHOP」の発起人の一人である錦戸主税さんは、熊本県内でグリーンや雑貨を扱うお店「GREEN NOTE」のオーナー。自身も震災の被害を受けたものの、地震が起こってすぐ、地元の天草や鹿児島、福岡の友人と一緒に、地域のために物資の供給を行なうなど活動を起こしたという。「OK SHOP」の発起人の一人である錦戸主税さん「そんな中で少し落ち着いてくると、私のような小売業者たちがどうやって日常を取り戻したらいいかという壁にもぶつかったんです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.