くらし情報『新規オープンする無印良品 銀座店のギャラリー「ATELIER MUJI GINZA」で2つの展示』

2019年3月25日 17:00

新規オープンする無印良品 銀座店のギャラリー「ATELIER MUJI GINZA」で2つの展示

しかし高度成長を経て、目先の商品を売るための手段に成り下がった。私はデザイナーであることを恥じている。これから提案するのは、目先の経済ではなく、栗の木を植えその木が成長し、やがては人々がその実を味わい、木陰で憩えるような、長い目で未来へと持続するプロジェクトだ。企業はそうした視点を持つべきではないか」を出発点に、1本目の栗の木を植える試みとして、エンツォ・マーリの仕事の根となる部分を紐解いていく。

展示は、インテリアデザイナー永井敬二が、50年に渡り世界中で集めた戦後モダンデザインを主体とする膨大なコレクションから一部を借用している。

新規オープンする無印良品 銀座店のギャラリー「ATELIER MUJI GINZA」で2つの展示

一方で、Gallery2で行われる「言葉からはじまるデザイン 栗の木プロジェクト」展は、今回の主体となる“栗の木プロジェクト”を育てるうえでの始まりの企画。さまざまな地域、世代、職業の人々に質問した、「デザインとは、何だろう? 」というお題を、俳句のように「デザインは( )」という短い言葉で( )の中を表現した言葉たちを展示する。この質問は、一見シンプルそうだけれど難題である。言葉を通じて、デザインとは? 暮らしとは? 生き方とは? 向き合うきっかけになりそうだ。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.