くらし情報『パリ・オペラ座のバレエダンサーを撮影した仏写真家の展覧会がシャネル・ネクサス・ホールで開催』

2019年12月19日 18:00

パリ・オペラ座のバレエダンサーを撮影した仏写真家の展覧会がシャネル・ネクサス・ホールで開催

シャネル・ネクサス・ホール(CHANEL NEXUS HALL)では、「ピエール=エリィ ド ピブラック展 In Situ」を、2020年3月11日から27日まで開催する。

パリ・オペラ座のバレエダンサーを撮影した仏写真家の展覧会がシャネル・ネクサス・ホールで開催
©Pierre-Elie de Pibrac/Agence Vu’
パリ・オペラ座という世界最高の舞台で、華麗なパフォーマンスによって人々を魅了するバレエダンサーたち。その神話的とすら言える美しさをあますところなく写真にとらえているのが、写真家、ピエール=エリィ ド ピブラックの「In Situ」三部作。パリ・オペラ座バレエ団の公演会場であるガルニエ宮とオペラ・バスティーユの舞台裏に自ら身を置き、彼らの生活に入り込むことによって制作されたピブラックの作品は、オペラ座やダンサーにも引けをとらない独特の美しさを放っている。

本展では、日本で初めて「In Situ」シリーズから選りすぐった作品を展示する。

パリ・オペラ座のバレエダンサーを撮影した仏写真家の展覧会がシャネル・ネクサス・ホールで開催
「Confidences」シリーズより
©Pierre-Elie de Pibrac/Agence Vu’

祖父・ポール デ コードンが写真家だったピブラックは、写真との結びつきが昔から強かった。2007年から2010年にかけて本格的に写真に取り組むようになってから、写真というメディアとの絆はさらに強固なものとなった。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.