くらし情報『森山大道×YOSHIROTTENによる空間・ビジュアルデザイン。イセタン ザ・スペースで新宿を新たな解像度で捉える「SHINJUKU_RESOLUTION」開催』

2020年8月14日 19:00

森山大道×YOSHIROTTENによる空間・ビジュアルデザイン。イセタン ザ・スペースで新宿を新たな解像度で捉える「SHINJUKU_RESOLUTION」開催

森山大道×YOSHIROTTENによる空間・ビジュアルデザインや、新宿の名店とクリエーターのコラボレーションアイテムを発売します。

森山大道×YOSHIROTTENによる空間・ビジュアルデザイン。イセタン ザ・スペースで新宿を新たな解像度で捉える「SHINJUKU_RESOLUTION」開催

さまざまな顔を併せ持ち、雑多な雰囲気を持つ私たちの街「新宿」

1923年の関東大震災時に地盤が強くほとんど影響を受けなかったため、駅周辺に交通が集中し発展したこの街。戦後の闇市から商店街化、60年代商業の急激な発展により今の新宿のベースができあがった、高度経済成長期に西新宿側は再開発ラッシュとなり、91年の都庁移転後も街は変容を続けている。そんなヒストリーとともに、複雑な街のつぎはぎの表情は、褪せない魅力を醸し続けている。

RESOLUTION - 解像度

解像度をあげることによって初めて、眼前に表出するもの
解像度を下げ抽象化を進めることで立ち現れるもの
単純に、図像を拡大⇆縮小するという行為によって、獲得できる感覚を超えて
わたしたちは、表現を読み感じることができる。

いくつも複層の視座に、解像精度は存在する。
商いをおこなうもの、生活を営むもの、目的や想いをもってやってくるもの
ここを訪れる人々そのものが街の景色を構成する、複層的な人の営み
新宿の有り様と、新宿へ向けられた眼差しは、表現者を刺激し、文化を刺激する。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.