くらし情報『「ファッションとアート 麗しき東西交流」展 横浜美術館にて、ジャポニスムに影響を受けたシャネルの服も』

2017年1月24日 14:40

「ファッションとアート 麗しき東西交流」展 横浜美術館にて、ジャポニスムに影響を受けたシャネルの服も

「ファッションとアート 麗しき東西交流」展 横浜美術館にて、ジャポニスムに影響を受けたシャネルの服も

「ファッションとアート 麗しき東西交流」展が、2017年4月15日(土)から6月25日(日)まで横浜美術館にて開催される。

本展では、明治維新後の19世紀後半から20世紀前半のファッションと美術に焦点を当て、東西の文化交流によって生まれた当時の人々の美意識を反映する、美しいドレスや装飾品を中心に、工芸品、絵画など計約200点が紹介される。

ジャポニスムのドレスコレクション
みどころは、世界屈指のドレスコレクションを有する京都服飾文化研究財団(KCI)が提供するドレスの数々だ。とりわけ、日本の文化にインスピレーションを得て制作された有名メゾンのピースは必見。蒔絵を思わせるような金糸の菊の紋織を施したシャネルのコートや、和服の形状を踏襲したジャンヌ・ランヴァンのコートなどが展示される。

19世紀後半のジャポニスムブームの影響が現れた、テーブルウェアやアクセサリーといった調度品も見ものだ。これら工芸品の展示によって、服飾を含めた当時の生活文化を広く知ることができる。

昭憲皇太后の大礼服
日本文化が西洋へと波及した一方で、西洋の文化も日本へ大きな影響をもたらした。とくに、女性のファッションの洋風化は、皇族や華族から始まったと言われており、その最高峰として紹介される昭憲皇太后が着用した大礼服は展示の目玉だ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.