くらし情報『映画『かぞくいろ―RAILWAYS わたしたちの出発―』有村架純が鉄道運転士に』

2017年12月4日 06:55

映画『かぞくいろ―RAILWAYS わたしたちの出発―』有村架純が鉄道運転士に

映画『かぞくいろ―RAILWAYS わたしたちの出発―』有村架純が鉄道運転士に

「RAILWAYS」シリーズ最新作となる映画『かぞくいろ―RAILWAYS わたしたちの出発―』が、2018年11月30日(金)より全国ロードショー。鹿児島県・熊本県では、全国に先駆けて11月23日(金・祝)より先行公開される。

映画「RAILWAYS」シリーズ最新作
地方のローカル線を舞台に、人と人との繋がりや、自分の生き方を見つめ直す姿を温かく描き、多くの世代から愛される人気シリーズとなった映画「RAILWAYS」。今回は、若くして夫を亡くして未亡人となってしまった主人公の晶が、故郷の鹿児島で周囲の人々に支えられながら、一人息子の良き母、そして一人前の鉄道運転士を目指して奮闘する姿が描かれる。

ストーリー
晶(有村架純)は、夫・修平(青木崇高)とその連れ子・駿也(歸山竜成)と東京で幸せに暮らしていたが、修平の突然の死で生活は一変。残された駿也と共に夫の故郷・鹿児島へ向かい、まだ会ったことのない義父の節夫(國村隼)を訪ねる。節夫は、運転士の仕事一筋で家族を顧みずに生きてきたが、突然やってきた晶たちを戸惑いつつも受け入れ、母としてまっすぐに生きようとする晶の姿に次第に心を動かされていく。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.