くらし情報『映画『判決、ふたつの希望』タランティーノ組のジアド・ドゥエイリ監督、実体験を元にしたレバノン映画』

映画『判決、ふたつの希望』タランティーノ組のジアド・ドゥエイリ監督、実体験を元にしたレバノン映画

2018年3月5日 12:35
 

映画『判決、ふたつの希望』タランティーノ組のジアド・ドゥエイリ監督、実体験を元にしたレバノン映画

映画『判決、ふたつの希望』が2018年8月31日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ他にて全国順次公開される。2018年度アカデミー賞外国語映画賞ノミネート作品。

アカデミー賞外国語映画賞ノミネート作品
『判決、ふたつの希望』は、レバノン出身の気鋭の監督、ジアド・ドゥエイリの最新作。2017年べネチア国際映画祭にて、主演のカメル・エル=バシャが最優秀男優賞を受賞するなど世界中から絶賛を受けた作品だ。レバノン映画では史上初の、2018年アカデミー賞外国語映画賞にもノミネートされている。

『判決、ふたつの希望』は、キリスト教徒のレバノン人男性がパレスチナ難民の男性との口論で侮辱を受けたことが裁判沙汰へと発展し、やがて全国的な事件へと展開していく物語。内戦下のレバノンで育った監督のジアド・ドゥエイリの経験をもとに、独自の視点で描かれた本作は、各メディアで賞賛の的となった。

監督のジアド・ドゥエイリは、クエンティン・タランティーノのアシスタント・カメラマンとして『レザボア・ドッグス』や『パルプ・ フィクション』といった作品に参加した経歴を持つ。その後に、1998年の『西ベイルート』で監督デビュー。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.