くらし情報『展覧会「ルドン ひらかれた夢 幻想の世紀末から現代へ」箱根ポーラ美術館で、謎めいた幻想世界を紐解く』

2018年4月9日 20:25

展覧会「ルドン ひらかれた夢 幻想の世紀末から現代へ」箱根ポーラ美術館で、謎めいた幻想世界を紐解く

展覧会「ルドン ひらかれた夢 幻想の世紀末から現代へ」箱根ポーラ美術館で、謎めいた幻想世界を紐解く

画家オディロン・ルドンの展覧会「ルドン ひらかれた夢 幻想の世紀末から現代へ」が、2018年7月22日(日)から12月2日(日)まで、神奈川県・箱根町のポーラ美術館で開催される。

ルドンは本当に“孤高の画家”だったのか?謎めいた幻想世界を解き明かす展覧会
クロード・モネ(1840-1926)をはじめとする印象派の画家たちと同世代でありながら、彼らとは異なる内面世界に目を向けた特異な画業で人々を魅了する、画家オディロン・ルドン(1840-1916年)。それは、世紀転換期にかけて絵画に残した、不気味な怪物たちがうごめく光景や、神秘的なヴィジョンに満ちた幻想的な世界を描いた作品に代表される。

本展覧会は、近年の研究をもとに、ルドンが持つ「夢の世界に生きた孤高の幻想画家」という芸術家神話を一度解体し、変容する時代の中で探求を続けたルドンの姿に改めて迫るものだ。

大衆文化からの影響は?幅広い出展作品や制作プロセスの分析から創造の源泉を探る
そのアプローチ方法は様々で、例えば、過去の美術史上の傑作や同時代の美術作、雑誌に掲載された自然科学の挿図や戯画など、彼を取り巻いた大衆文化からの影響を、幅広い分野の出展作品を通して明らかにする。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.