くらし情報『アニメ映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版:‖』シリーズ最終章となる第4作目』

2020年12月26日 12:00

アニメ映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版:‖』シリーズ最終章となる第4作目

アニメ映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版:‖』シリーズ最終章となる第4作目

アニメーション映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版:‖』が2021年公開。1月23日(土)の公開を予定していたが延期。新たな公開日は決定次第発表される。なお、シリーズ初となるIMAX版も上映される予定。

シリーズ完結を迎える第4作目
テレビアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」のリメイク作品として、同作の監督である庵野秀明を総監督に制作が進められている『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』。2007年に『序』、2009年に『破』、2012年に『Q』と3作が公開されており、『シン・エヴァンゲリオン劇場版:‖』はシリーズ完結を迎える第4作目の作品となる。なおこの作品の公開は、2018年7月公開の映画『未来のミライ』上映前にゲリラ的に披露された同作の特報映像によって判明した。

総監督の庵野秀明が『Q』の公開後に体調を崩していたこと、またそれに関連して実写映画『シン・ゴジラ』の監督を務めたことなどもあり、『Q』から約8年の間を空けての公開となる最新作。『序』では原作のテレビシリーズに沿って物語が描かれたが、続く『破』では新たなキャラクターが登場、そして『Q』では全く新しいストーリー展開を迎えている。完結編となる本作がどんな結末を迎えるのか、期待が高まる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.