くらし情報『新商業施設「なんばスカイオ」南海なんば駅に隣接 - ”日本の文化”がテーマのグルメや雑貨』

2018年7月30日 14:50

新商業施設「なんばスカイオ」南海なんば駅に隣接 - ”日本の文化”がテーマのグルメや雑貨

新商業施設「なんばスカイオ」南海なんば駅に隣接 - ”日本の文化”がテーマのグルメや雑貨

大阪・南海なんば駅に隣接する新商業施設「なんばスカイオ」が、2018年10月中旬にオープン。

大阪独特の文化が根付く街「ミナミ」の中心地であり、関西国際空港のゲートシティでもある、大阪のユニークなエリア、難波。そんな難波の街に新たに誕生する「なんばスカイオ」は、国内外の観光客から地元の人まで楽しめる商業エリアをはじめ、オフィスやクリニックなど、様々な機能を兼ね揃えた新たな施設だ。

JAPANブランドがテーマのフロア「ほんまもん」
商業フロアとなるのは、5階と6階。5階には、”日本の伝統・文化・こだわりのJAPANブランド”をコンセプトに、日本の魅力を再発見できるエリア「「伝統・文化の体験工房 ほんまもん」がオープン。国外・国内から難波を訪れる人たちに、伝統に裏打ちされた高い品質を誇る日本の工芸品や安全安心な食を提案する。

「茶寮 つぼ市製茶本舗」は、千利休が生み出した”市中の山居”をイメージした奥ゆかしい草庵で、美味しいお茶や、こだわりの手作りスイーツや食事を楽しめる。本格的な空間で、まるで茶会に招かれたような気分を味わえる。さらに、工芸品に精通したスタッフが目利きをしたセレクトショップ「天生堂」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.