くらし情報『“門外不出”北斎作品の展覧会がすみだ北斎美術館で、日本美術の宝庫「フリーア美術館」高精細複製画を展示』

2019年6月16日 20:40

“門外不出”北斎作品の展覧会がすみだ北斎美術館で、日本美術の宝庫「フリーア美術館」高精細複製画を展示

“門外不出”北斎作品の展覧会がすみだ北斎美術館で、日本美術の宝庫「フリーア美術館」高精細複製画を展示

「綴プロジェクト ─高精細複製画で綴る─スミソニアン協会フリーア美術館の北斎展」が、2019年6月25日(火)から8月25日(日)までの期間、すみだ北斎美術館で開催される。

日本美術の宝庫「フリーア美術館」とは?
日本美術の宝庫として知られるアメリカの国立スミソニアン協会フリーア美術館。スミソニアン博物館群の一つで、実業家チャールズ・ラング・フリーアが収集した美術品が収蔵されている。

館内には、隣接する施設の作品も含め約1万2,700点もの日本美術を収蔵。中でも葛飾北斎の肉筆画は世界屈指のコレクションを誇る。また、フリーアの遺言により所蔵品はすべて門外不出となっており、現在でもその方針が守られている。

“門外不出”作品の高精細複製画が日本初公開
「綴プロジェクト ─高精細複製画で綴る─スミソニアン協会フリーア美術館の北斎展」は、国立スミソニアン協会フリーア美術館の協力のもと開催される展覧会。同館が誇る世界最大級の北斎肉筆画コレクションの中から13点の高精細複製画を製作し、すみだ北斎美術館が所蔵する約130点の関連作品と共に日本で初公開される。

版画「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.