くらし情報『現代美術の展覧会「時を超える:美の基準」京都・二条城で、名和晃平やチームラボなどのアートが集結』

2019年8月10日 15:30

現代美術の展覧会「時を超える:美の基準」京都・二条城で、名和晃平やチームラボなどのアートが集結

現代美術の展覧会「時を超える:美の基準」京都・二条城で、名和晃平やチームラボなどのアートが集結

展覧会「時を超える:美の基準」が、京都の世界遺産・元離宮⼆条城 ⼆の丸御殿台所、御清所にて、2019年8月31日(土)から9月3日(火)まで開催される。

「時を超える:美の基準」は、世界のアートシーン第一線で活躍する南條史⽣と名和晃平をアドバイザーに迎えて開催する、⽇本の現代美術の展覧会。

名和晃平をはじめ、デジタルアートを発信し続けるチームラボ、ガラスで粘菌やバクテリアを作る⻘⽊美歌、本物と見紛う草花を⽊彫で表現する須⽥悦弘、⾊を何層も重ねたミニマルな絵画を発表する向⼭喜章といった作家が参加。中には、新作や未発表作品も出品される。

また、会場には、細見美術館の強力により、京都にも縁の深い伊藤若冲の《鶏図押絵貼屏⾵》の高精製複製(レプリカ)が登場。さらに、同じく《鶏図押絵貼屏⾵》と、「初⾳ミク」を融合させた⾁筆絵画も出品。過去から現代へと継承され、発展していく日本文化を象徴する、新たな表現を提示する。

展示会場は、歴史ある二条城。通常非公開となっている、⼆の丸御殿台所と重要文化財にも指定されている御清所を舞台に、多彩な作品群を通じて日本文化の「美の基準」を紐解いていく。

【詳細】
ICOM京都⼤会2019開催記念 / ⼆条城・世界遺産登録25周年記念 
「時を超える:美の基準」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.