くらし情報『「シュルレアリスムと絵画 ―ダリ、エルンストと日本の『シュール』」ポーラ美術館で、約100点が集結』

2019年9月27日 20:00

「シュルレアリスムと絵画 ―ダリ、エルンストと日本の『シュール』」ポーラ美術館で、約100点が集結

「シュルレアリスムと絵画 ―ダリ、エルンストと日本の『シュール』」ポーラ美術館で、約100点が集結

「シュルレアリスムと絵画 ―ダリ、エルンストと日本の『シュール』」が、2019年12月15日(日)から2020年4月5日(日)まで、神奈川・箱根のポーラ美術館にて開催される。

シュルレアリスムの変遷と拡大を辿る約100点
シュルレアリスム誕生から100年が経つ2019年。フランスで誕生したシュルレアリスムは、理性を中心とした意識では捉えきれない新しい現実を表現することを目指して始った、20世紀の芸術に最も大きな影響を及ぼした運動の1つだ。

「シュルレアリスムと絵画 ―ダリ、エルンストと日本の『シュール』」では、この100年間で変化を遂げたシュルレアリスムの展開と、フランスから日本、アメリカ、アジアにいたるまでのシュルレアリスムの広がりを約100点の絵画、版画を通じて辿っていく。サルバドール・ダリ、マックス・エルンスト、古賀春江三岸好太郎、瑛九、吉原治良など多岐にわたる作家の作品が登場する。

詩・思想から絵画へ
元々は、フランスの詩人アンドレ・ブルトンが中心となってを推し進められたシュルレアリスム。理性を中心とする近代的な考え方を批判し、精神分析学の影響を受けて理性の支配の及ばない“無意識の世界”に「超現実」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.