くらし情報『東京事変の新曲「赤の同盟」浜辺美波×横浜流星のドラマ「私たちはどうかしている」主題歌に』

2020年7月23日 10:45

東京事変の新曲「赤の同盟」浜辺美波×横浜流星のドラマ「私たちはどうかしている」主題歌に

東京事変の新曲「赤の同盟」浜辺美波×横浜流星のドラマ「私たちはどうかしている」主題歌に

椎名林檎率いる東京事変が、新マキシシングル『赤の同盟』を2020年8月12日(水)より配信。新曲の「赤の同盟」は、日本テレビ系新水曜ドラマ『私たちはどうかしている』主題歌に決定している。

2020年閏年に“再生”を表明し、今春8年ぶりの新作となるEP『ニュース』を発表した東京事変。続く今回の新曲「赤の同盟」は、累計発行部数200万部超の「私たちはどうかしている」を浜辺美波と横浜流星で実写化する、日本テレビ系新水曜ドラマ『私たちはどうかしている』の主題歌となる。

「私たちはどうかしている」は、浜辺美波演じる可憐で才能にあふれる和菓子職人、花岡七桜(はなおか・なお)と、横浜流星さん演じる創業400年の老舗和菓子屋のクールな跡取り息子、高月椿(たかつき・つばき) が、15年前に起こった和菓子屋「光月庵」主人の殺害事件を巡り、過酷な運命に翻弄される物語だ。

楽曲は、ドラマ制作スタッフからの主題歌制作のオファーを受け、東京事変が制作。幼なじみで初恋の相手でありながら、"容疑者の娘"と"被害者の息子"となってしまった2人が、15年の時を経て再会。愛憎入り乱れ“どうかしている”関係性を艶やかに描く。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.