くらし情報『高橋一生の“完落ち”演技に「すごい」「鳥肌」…ラストにも様々な声集まる「天国と地獄」最終回』

2021年3月21日 23:00

高橋一生の“完落ち”演技に「すごい」「鳥肌」…ラストにも様々な声集まる「天国と地獄」最終回

Photo by cinemacafe.net

綾瀬はるか主演、高橋一生共演による究極の入れ替わりエンターテインメント「天国と地獄~サイコな2人~」の最終回が3月21日放送。北村一輝演じる河原に絶賛の声があふれるとともに、高橋さんの“完落ち”演技にも「すごい」「鳥肌」などの反応が続出している。

努力家で正義感も、気も上昇志向も強いが慌てん坊な刑事・望月彩子を綾瀬さんが、海外から帰国し日本で起業、成功したやり手経営者だが、実は生き別れの兄の殺人に協力していた日高陽斗を高橋さんがそれぞれ演じ、2人のほか、彩子の恋人で事件にも絡んでいく渡辺陸に柄本佑。彩子のバディ、八巻英雄に溝端淳平。独自に捜査を行ってきた刑事、河原三雄に北村一輝。日高の兄で“真犯人”だった東朔也に迫田孝也。捜査一課の管理官、五十嵐公平に野間口徹。日高の秘書・五木樹里に中村ゆり。河原のバディ、幅健太郎に谷恭輔。鑑識の新田将吾に林泰文。日高の妹、優菜に岸井ゆきのといった顔ぶれも出演した本作。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
最終回では、逮捕された日高が全部の犯行を自分が単独でやったと供述。自分を守るために日高が自らを犯人と供述してると感じた彩子は必死に朔也の犯行である証拠を探す。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.