くらし情報『スタジオジブリ映画『アーヤと魔女』初のフル3DCGアニメ、宮﨑駿企画・宮崎吾朗監督』

2021年2月15日 10:55

スタジオジブリ映画『アーヤと魔女』初のフル3DCGアニメ、宮﨑駿企画・宮崎吾朗監督

スタジオジブリ映画『アーヤと魔女』初のフル3DCGアニメ、宮﨑駿企画・宮崎吾朗監督

スタジオジブリ最新作、初のフル3DCGアニメーション映画『アーヤと魔女』が、2021年4月29日(木・祝)より劇場公開される。

スタジオジブリ初のフル3DCGアニメーション
映画『アーヤと魔女』は、宮﨑駿監督作品『ハウルの動く城』の原作者で「ファンタジーの女王」とも呼ばれるイギリスの作家、ダイアナ・ウィン・ジョーンズによる小説「アーヤと魔女」を映像化した作品。企画を宮﨑駿、監督を宮崎吾朗が務め、国内外から結集した精鋭スタッフによって、スタジオジブリ初のフル3DCGアニメーションを完成させた。

スタジオジブリ史上、最もしたたかなヒロイン
『アーヤと魔女』は2020年のカンヌ国際映画祭でオフィシャルセレクションに選出されており、北米をはじめ、ヨーロッパ、中南米、オーストラリアなどでも劇場公開が決定している。海外でも注目を集める中、日本では2020年12月30日にNHK総合テレビにて放送され、“スタジオジブリ史上、最もしたたかなヒロイン”とも言われるアーヤのたくましく、ひたむきな姿が話題を呼んだ。

新たなカットを追加して劇場公開へ
劇場公開版の『アーヤと魔女』は、2020年にテレビ放送された作品に、一部新たなカットを追加。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.