くらし情報『皮膚病を患った猫 治療で入浴をさせていると「もはや猫かどうか怪しい!」』

2022年1月27日 11:50

皮膚病を患った猫 治療で入浴をさせていると「もはや猫かどうか怪しい!」

皮膚病を患った猫 治療で入浴をさせていると「もはや猫かどうか怪しい!」

猫の皮膚病で多いといわれているのが、『皮膚糸状菌症』と呼ばれる、カビによる感染症です。

症状に、顔の周りや耳などに脱毛や赤み、フケやカサブタといったものがあるとされています。

猫の虎太郎くんも、この感染症を患った1匹。飼い主(kotaro210801)さんは、虎太郎くんに対し、カビ対策のシャンプーを使った入浴をさせていました。

一般的に、猫は「お風呂が苦手」といわれています。ところが、虎太郎くんの場合は…。

@kotaro210801 何往復もして、飽きたら自分で出てきます #保護猫のいる暮らし #お風呂好き #茶トラ ♬ オリジナル楽曲 - 虎太郎(こたろう) - こたろー
虎太郎くんは、すいすいと浴槽の中を泳ぐようになりました!

前脚で懸命に水をかき、前に進む様子がかわいいですよね。

飼い主さんによると、虎太郎くんは何度か往復をして、飽きると出てくるのだとか。

浴槽の中を泳ぐ猫の姿は珍しいようで、続々と反応が上がっています。

・普通に泳いでいて、もはやカワウソと化している。

・すごい…。私より泳げているな。

・上手に泳いでいて、猫かどうかも怪しい!

飼い主さんは、虎太郎くんの症状が改善されてきたとコメントしています。

これからも入浴を楽しめるね、虎太郎くん!

[文・構成/grape編集部]

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.