くらし情報『生放送で『禁句』発した加藤浩次に、クレーム続出 謝罪の理由に「これはアカン」「想像して吹いた」』

生放送で『禁句』発した加藤浩次に、クレーム続出 謝罪の理由に「これはアカン」「想像して吹いた」

目次

・加藤浩次、生放送での『禁句』で謝罪
・次のコーナーに移ると、進行を中断して突然『謝罪』
生放送で『禁句』発した加藤浩次に、クレーム続出 謝罪の理由に「これはアカン」「想像して吹いた」

テレビで時々起こってしまう『放送事故』。

中でも、音声や映像の編集が効かない生放送の場合は、出演者も想定しないような展開が起こってしまいがちです。

そのリアルタイム性が面白さでもありますが、トラブルに直面した撮影スタッフや出演者のあせりは、尋常ではないのでしょう。

加藤浩次、生放送での『禁句』で謝罪

2023年3月16日に放送された情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)では、『癒し』に特化をしたロボットを紹介。

コーナーでは、人間の発した言葉を認識するはずのロボットを紹介したものの、なかなか反応しないトラブルが発生してしまいました。

MCであり、お笑いコンビ『極楽とんぼ』の加藤浩次さんは、無反応のロボットに何度も話しかけながら「緊張してるのかな?」とフォロー。

「OK Google、音楽をかけて」とボケを挟み、出演者からは「『Googleアシスタント』は搭載されていないですよ!」とツッコミを入れられていました。


次のコーナーに移ると、進行を中断して突然『謝罪』

トラブルはあったもののロボットの紹介コーナーは無事に終了し、白熱する野球の世界大会『ワールド・ベースボール・クラシック(通称:WBC)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.